暮らしの器

竣工して、もうすぐ一年。

まあたらしくて、ガランとしていた空間から

すっかり人の住まいになっていました。

 

建物が前に出すぎることなく、

日々の暮らしをやさしく包み込むように。

 

晩春の空の下、今治の家にて。

keep smiling!

奥野 崇

 

category : 現場進捗 | posted at 2021.5.2
2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

ブログ内検索

089-968-2887info2@okunotakashi.jpcontact