恒例の

同じ頃に、同じ場所で、同じ景色を。

変わったものと変わらないものを確かめるように。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 季節手帖 | posted at 2020.11.23

揉み出(もみず)

「もみじ」は「揉み出(もみず)」が変化した言葉といわれています。

真水や灰汁に浸して鮮やかな色を揉み出す、紅花染めが由来のもの。

"赤葉"ではなく、"紅葉"という漢字が定着したのも自然な流れだったのかもしれません。

 

 

明治期に編纂された国語辞典の大言海には美しい言説があります。

 

色ハ揉ミテ出スモノ、又、揉ミ出ヅルモノ、

サレバ、露、霜ノタメニ モミイダサルルナリ

 

露や霜に洗われることによって

葉から鮮やかな紅や黄色が揉み出される、と考えたという語釈です。

 

 

古岩屋では、紅葉の終盤とのこと。

ひんやりと澄んだ山の空気。

揉み出された楓の葉色は、純一無雑なものに違いありません。

 

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 季節手帖 | posted at 2020.11.16

松山の家 竣工写真

建築写真家の小川重雄さんから、竣工写真が届きました。

 

引渡しを終えたのは、今年はじめのこと。

その後、コロナ禍の影響もあり

撮影のタイミングを伺っておりましたが、

建主さんご協力のもと、秋が深まるころに漸く叶いました。

 

数年前から特に取り組んできた、

「意匠・構造」と「温熱環境」の重ね合わせ。

ひとつの結果を見たようで、確かな手応えを感じています。

 

 

松山の家

 

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : お知らせ | posted at 2020.11.8

午後のひかり

打ち合わせの合間。

美しい光にはっとする。

きよらかで、あたたかい。

 

松山市内、木のクリニックの現場。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 現場進捗 | posted at 2020.11.1

掲載情報

Out of the Woods

「多度津の家」が掲載されている書籍が出版となりました。

 

 

ベルリンを拠点とするgestaltenから連絡があったのは4月のこと。

特にヨーロッパでは新型コロナウイルスが猛威を振るっており

書籍化は本当に実現できるのか、と心配したくらい。

 

gestaltenという出版社のことは

THE TOUCH という書籍を通じて知っていました。

それはKinfolkとNorm Architectsによる美しいイメージブックで、

とあるクライアントにも紹介したほどの完成度。

これは光栄なことと、ふたつ返事でお答えしました。

 

木の空間を特集した本書。

11月には、ドイツ国外でも発売になるよう。

機会がありましたら、ご覧くださいませ。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : お知らせ | posted at 2020.10.28

霜降(そうこう)

二十四節気の第十八。

 

朝晩の冷え込みがさらに増し、北国や里山では霜が降りはじめ、

少しずつ、冬の足音が聴こえはじめる頃。

事務所には素敵な新入りさんを迎えました。

日本のバラの代表的な原種である「ノイバラ」の大枝。

別名「野バラ」とも呼び親しまれています。

 

もともと有棘の低木類のバラのことを茨(イバラ)と呼んでいて

野生のものであるから、野茨(ノイバラ)となったもの。

 

 

10月も終わりに近づけば、実もしっかりと赤くなります。

秋が深まるころの愉しみのひとつ。

 

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 季節手帖 | posted at 2020.10.23

釣瓶落とし

「秋の日は釣瓶落とし」

釣瓶(つるべ)が井戸にストンと落ちていくように

秋の日は、あっという間に日が沈むことを形容して使われます。

 

まだ明るいと思っていたのに、もう真っ暗なんてこともしばしば。

暮れの早さに、はっとしてしまう。。。

 

釣瓶が落ちていく速さには、

まだ心が追いついてないようです。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 季節手帖 | posted at 2020.10.18

お知らせ

思い返せば、2013年のことだったとは。

 

事務所を設立して、間も無く。

いつかは、と憧れていたところへ滞在。

偶然にも建築家の中村好文さんにお会いしたのもいい思い出です。

 

スケッチの旅もここから始まりました。

 

 

amanを巡る旅

を追加しました。

category : 建築をまなぶ旅(海外) | posted at 2020.10.12

今治の現場

玉川の家

長閑な川沿いの景色と共にある住まい。

 

10月中頃には足場払いの予定です。

馴染みの大工さんと各職方の面々。

互いに積み上げてきたものが熟成し、安心感に満ちています。

 

高橋の家

外構・植栽工事を終え、最終の確認へ。

 

自然石で土止めをした法面が

緑で覆われる様子を心待ちにしながら

季節の巡りを楽しむことにいたしましょう。

 

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 現場進捗 | posted at 2020.10.4

設計者ができること

この夏をかけた設計が一段落。

総代さんへの実施図面説明を無事終えました。

香川県三野町にある寺院にて

本堂及び周辺の諸堂整備を行います。

 

 

寺院という工法上の特殊性もありますし、

何より、世代を越えてそこに在り続けられるように。

あの時の自分と、今の自分とを繋ぐ

「懐かしい」という人にしかない感情はとても大切だと思うのです。

地域、文化、記憶、、、。

あらゆる想いをのせて設計者ができることは

具体的に、丁寧に、図面化することだと考えています。

 

 

 

keep smiling!

奥野 崇

 

 

category : 現場進捗 | posted at 2020.9.30
2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

ブログ内検索

089-968-2887info2@okunotakashi.jpcontact