イスラエルの旅 はじめに

約一週間のイスラエルの旅。

 

そこで見て感じた、気候風土や文化、宗教や歴史、そして人々。

一連を反芻するように、振り返ってみようと思う。

 

※写真:ユダヤ教の聖地、嘆きの壁

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 建築をまなぶ旅(海外) | posted at 2019.5.25

お知らせ

明日から約一週間、イスラエルへ。

エルサレム近郊で計画中の住宅打合せにあわせて、宗教建築を見て廻ります。

 

奥野からの返信には、少しお時間を頂く場合があります。

もしお急ぎの場合は事務所まで連絡をお願いできれば、スタッフにて対応させて頂きます。

 

誠に勝手ながら、ご理解、ご容赦の程宜しくお願い致します。

 

 

奥野崇 建築設計事務所

category : お知らせ | posted at 2019.5.15

喜び

週末土曜の夜は、つのだたかしさんのリュート演奏会へ。

ギャラリーリブアートでの染色家・望月通陽さんの個展にあわせて企画されたもの。

 

望月さんの作品の中でも一番の思い出は、小屋場只只さんでのこと。

部屋の片隅にかけられた陶板。それに描かれた絵に、一瞬で虜となったのでした。

後から聞くとそれは内田鋼一さんとの合作だったとか、なかったとか。

望月さんの作品に、時空をこえて、神話やおとぎ話の世界を見たような気がするのは私だけでしょうか。

 

つのださんのリュートの音色も素敵で。

主に16〜17世紀の楽曲と共に、ユーモアに溢れたお話。

望月さんの作品ともぴったりで、共演しているようにすら感じました。

氏の人間的魅力が滲み出る、こぢんまりとした心地よく幸せな演奏会。

 

会場には建築家の中村好文さんのお姿も。

聞けばお二方とはもう随分長いお付き合いなんだとか。

納得。どおりで、皆さん空気感が似てらっしゃいます。

 

人生初?のサインを望月さんから頂きました。

嬉々として踊るような文字のならび。

 

じんわりあったかい夜の時間でした。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

 

 

category : お知らせ | posted at 2019.5.12

掲載のお知らせ

韓国の建築専門誌 [Archiworld 288号]

真言宗光林寺 位牌堂 が掲載されました。

 

category : お知らせ | posted at 2019.5.6

風景と共に

山の色があざやかになりはじめました。

晴れの良き日に、今治小泉の家が無事棟上げ。

子育てをひと段落、ご夫婦のこれからを考えた平屋の住まいです。

 

リビングに造り付けるソファの窓越に、遠く稜線を取り込みます。

豊かな日常を。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 現場進捗 | posted at 2019.4.13

重要なお知らせ(ご依頼をお考えの方へ)

現在、多くのクライアントから設計のご依頼を頂いております関係で、
お急ぎの場合、ご要望にお応えすることができない恐れがございます。
 
少人数で運営しておる事務所であり、
一邸、一邸しっかりと仕事をしていきたい、と思っております。
 
つきましては、設計開始を少しお待ち頂くようお願いする場合がございます。
誠に勝手ではございますが、
何卒ご理解いただけますよう、お願い申し上げます。
 
 
奥野崇   建築設計事務所
代表 奥野 崇

category : お知らせ | posted at 2019.3.25

F.L.ライトの息吹

先の週末は芦屋。
F.L.ライト、遠藤新、南信による仕事、ヨドコウ迎賓館(旧山邑家住宅)へ。
旧帝国ホテルと時期を同じく設計され、1924年に建設されました。
2016年11月からの改修工事を終え、一般公開が再開されたとの知らせを受け、とんでいきました。
IMG_4538
大谷石を使った造形は見所満載。
IMG_4494
この建物のためにライトがデザインしたという
銅板のレリーフからは木漏れ日のような光がおちます。
IMG_4517
全体としたはやりすぎ、にも感じましたが
各所に散りばめられた休憩スペースと銘打った居場所がなんとも魅力的で。
平面、断面共に寸法操作が絶妙で、
「ああ、いいなあ」と思える、気持ちいいたまり感をつくっています。
IMG_1324
ライトから始まる、
日本の近代・現代へと続く、住宅建築の流れを感じずにはいられません。
 
keep similng!
奥野 崇
 

category : 建築をまなぶ旅(日本) | posted at 2019.3.23

瀬戸内海を前にして


透きとおる風景を前に、改めて胸に刻む。
偉大すぎる先輩方の残した言葉。

 


瀬戸内海建築憲章

 

瀬戸内海の環境を守り

瀬戸内海を構成する地域での

環境と人間のかかわりを理解し

媒介としての建築を大切にする。

 

人間を大切にすることから

建築を生み出し創り出すことを始める。

それには瀬戸内海の自然と環境を大切にし

そこから建築を生み出すことにある。

 

環境と建築とが遊離し

建築が独り歩きすることはない。

先人たちのつくった文明を見定めこれを理解し

将来への飛躍のための基盤とし足がかりとする。

過去及び現代において

瀬戸内海が日本人のための文化の母体であったことを知るとともに

それが世界に開けた門戸であったことを確認する。

 

すなわちわれわれは

この地域での文明を守り

それを打ち出していくことと併せて

広く世界へ目を開き

建築を通じて人類に貢献する。

 

1979年9月

山本忠司(香川)・浦辺鎮太郎(岡山)・松村正恒(愛媛)(司会 神代雄一郎)

「鼎談 瀬戸内を語る─瀬戸内海建築憲章を横に」

『風声 京洛便り』第9号、1980年

category : 建築をまなぶ旅(日本) | posted at 2019.3.10

野太い建築に差す、柔らかい光。

床に反射し上げ裏をてらす。

息を呑む、とはこういうことでしょうか。

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 建築をまなぶ旅(日本) | posted at 2019.3.4

奈良を巡る

平城京に花開いた天平文化。
機会が重なり、奈良に残る古建築を見て回ることに。
 
特に良かった建築、四点。
IMG_3336-2
IMG_9976
正倉院宝庫
千年を超えて今に残るその姿。圧巻の安定感。
「永遠」という言葉が頭に浮かぶ。
 
IMG_3532-2
IMG_3552-2
IMG_9983
元興寺 僧坊
かつてはお坊さんの生活の拠点だった建物。
寺院建築とは異なり、人が暮らすためのこぶりなもの。
風や光を取り入れるために、南北の立面が異なるのも興味深い。
 
IMG_3570-2
IMG_3596軽
十輪院 本堂
運良く、朝のおつとめに参加させてくださいました。
高さを抑えた本堂の由縁は、大衆信仰の対象であったお地蔵さんをそのままお祀りしているからなのだとか。
つくりは至って簡素。味わい深い。
 
IMG_3656軽
IMG_3724軽
慈光院
片桐石州によって、境内全体を茶席として整えられたところ。
ほの暗い室内からは、建築と庭との幸せな関係がみてとれました。
 
 
keep smilng!
奥野 崇

category : 建築をまなぶ旅(日本) | posted at 2019.3.2
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

ブログ内検索

089-968-2887info2@okunotakashi.jpcontact