2021年6月

蝸牛(かたつむり)

でんでん虫、舞々、かたつむり、つぶりなど

多くの異名をもつ蝸牛。

 

古くから子供達に親しまれており

民俗学者である柳田國男は、

方言の好例として日本全国の呼び名を調査したほど。

 

梅雨の代名詞ともいえる存在。

孵化したばかりの、かわいらしい季節です

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 季節手帖 | posted at 2021.6.14

樹々の中で

名古屋・奈良での打合せにあわせて、

宇陀市の山間にある室生寺へ。

寺院が俗世から離れ、山林修行の場へと移行していく初期のものといわれています。

江戸時代に付加された手前一間の礼堂は

なんの違和感もなく一体に在ります。

 

都を離れ、山野に佇むその姿は

慎ましくも安心感に満ちています。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : お知らせ | posted at 2021.6.10

土の姿

「素材の声を聞きなさい」

とは、ルイス・カーンの言葉。

土という素材は、どうすれば心地よくあるのか。

手の付けかたによって、どんな表情をするのか。

湿り気を抱え込むその姿を追い求めています。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : お知らせ | posted at 2021.6.5
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

ブログ内検索

089-968-2887info2@okunotakashi.jpcontact