建築をまなぶ旅(海外)

スリランカ、バワ建築の旅3 ベントータ

IMG_6890
インド洋のまち、ベントータへ。
バワの初期の作品である、ベントータ・ビーチ・ホテル。1969年竣工。
IMG_7948
ただし、現在の姿は増築や改修が加えられ、オリジナルとは少し違います。
当初のデザインは中庭に水盤を抱く、こじんまりと落ち着いた様子だったそう。
IMG_6883
しかしながら、スリランカの歴史をヒントにバワのデザインはみてとれます。
エントランスの色鮮やかな天井。
実は、これ
カンダラマホテルのあるダンブッラの世界遺産、
スリランカの人なら誰もが知る歴史ある寺院、石窟寺院の天井画のオマージュ。
IMG_3160
仏像の天井に描かれた天井画をヒントに、バワはエントランスのデザインを決定しました。
海外の人も多く訪れるホテル建築。
そこへスリランカを象徴するデザインを取り込むこと。
建築にメッセージを込めること。
IMG_6887
 
IMG_6910
レストランには、デフォルメしたデザインへと繋がっていきます。
IMG_6917
中庭の水盤をみる回廊に設けられた、居場所。
ここでもたまりの設計は流石の一言。
直線的な構成のなかに、斜めの使い方が巧く絶妙の落ち着き感をつくります。
IMG_7945
そこに座って中庭を眺めたスケッチは右側のもの。
左は回廊部分の断面。高さ寸法がミソと思います。
 
 
 
IMG_6925
張り出した建物の角度はモンスーンで吹き荒れる降雨の雨降線から導かれたもの。
IMG_6933
IMG_6939
階段の納め方もおもしろい。
IMG_6959
階段部分は穴倉のような柔らかいデザインが多く採用されています。
遠藤新のつくった武庫川女子大学の階段と似ていた記憶があります。
飽きさせない移動空間の演出。
 
続いては、同じくベントータにある隣あわせのクラブ・ヴィラ、ザ・ヴィラへ。
 
keep smiling!
奥野 崇
 

category : 建築をまなぶ旅(海外) | posted at 2016.3.29

スリランカ、バワ建築の旅2 キャンディ

IMG_3187
スリランカ最後の王国があった山間部のまち、キャンディ。
1815年からスリランカは全土をイギリスの植民地として、1948年の独立まで歩んでいきます。
IMG_7940
周囲を山々に囲まれたまち。
八幡浜の山側の風景に重なったのは、個人的なものでしょうか。
 
IMG_3251
キャンディにはバワ作品はありませんが
スリランカの重要な施設、佛歯寺が。釈迦の犬歯が納められています。
IMG_3260
宿泊先はコロニアル様式の美しい、クイーンズホテル。
佛歯寺のすぐ前にあります。
IMG_6841
タイムスリップしたような趣きある客室。
天井が高い。
バワも生前、このホテルを利用したそう。
IMG_7941
右にかいてあるのは、佛歯寺の犬歯を納める容れ物。
運良く拝見できました。
 
 
IMG_3207
IMG_3219
IMG_3197
アジア特有のパワーみなぎる、まちの様子。
外国人は少なく、現地のマーケットへ。
野菜、ヤシの実、南国のフルーツ、米の計り売り、食肉売り場、犬の多さに圧倒されました。
 
続いて、バワによるホテル建築が残るインド洋沿岸部へ。
 
keep smiling!
奥野 崇

category : 建築をまなぶ旅(海外) | posted at 2016.3.27

スリランカ、バワ建築の旅1 カンダラマ

IMG_6648
マンゴーのような形をしたスリランカの中央の少し北にあるダンブッラの町。
そこからポツポツと民家が続く、そのまた奥に
バワ特集の表紙を飾ってきたカンダラマホテルはあります。
その姿は、熱帯のうごめく緑に取り込まれるよう。
建物と自然との境界線はなくまさに一体といったところか。
バワ本人は、50年後には野生動物の住処になればよい。と力説したとのこと。
IMG_6644
周辺の緑のなかを空中散歩するかのような客室廊下部分。
IMG_3070
レストランも自然と一体にあるように。
IMG_6595
フチのないインフィニティプールはバワの発明と言われています。
IMG_3050
いつか誌面でみた、岩が剥き出しのエントランス部分。
集光の強い光が陰影を際立たせます。
IMG_6550
IMG_7925
外の力強い自然に対しての配慮か、客室内部はいたってシンプル。
ファブリックの使い方、照明のディティールなどバワらしさ、が垣間みえます。
 
 
IMG_6735
建物と自然が一体となったヴィジュアルがあまりに印象的だが、
体験してみて思ったのは、あちらこちらに居場所をつくるバワの巧さ。
IMG_6638
客室を片廊下型の廊下で接続しているため
その廊下部分は単なる移動スペースとして単調になりがち。
バワは客室を一定数のユニットにわけてその隙間部分に
湖が見えるスペースや、岩肌を望むスペースなどそこそこに落ち着いたたまりをつくる。
IMG_6624
自然を愉しむ処をいくつも用意してあって、
次は何、とわくわくする。飽きさせない。
うろうろ、うろうろしてしまいました。
IMG_7933
一見マクロに建物の姿を設計しながらも、ミクロの部分が魅力的な建築。
いいなあ。
IMG_7929
 
 
余談ですが。
IMG_6607
 
ロビーにあるふくろうの彫刻はあまりに有名で
IMG_7935
バワとの建築においてもアートにおいても、協働関係にあったラキ・セナナヤケの作。
 
そのラキさんはカンダラマ近くにお住まいとのことで、お会いできました。
IMG_6756
自然のなかに悠々自適に暮らされていました。
IMG_6754
ここにもふくろうが。(現地の言語であるシンハラ語ではバッサというそう)
好き、なんだそう。
 
IMG_7932
感動のバワ建築の初対面の興奮さめないまま、
古都キャンディへ。
 
keep smiling!
奥野 崇
 
 
 

category : 建築をまなぶ旅(海外) | posted at 2016.3.25

スリランカ、バワ建築の旅

変換 ~ IMG_7394
先週はスリランカへ、ジェフリー バワの建築を巡る旅に。
※写真は住宅作品No.87の庭園。
 
スリランカの気候風土に根ざした
内部空間としての建築と
外部空間としての環境とを一体的に設計する氏。
空間体験をもとに綴ってまいります。
 
keep smiling!
奥野 崇
 

category : 建築をまなぶ旅(海外) | posted at 2016.3.21

ドイツ・スイス建築の旅5 ハルデンシュタイン

スイスの伝統的なまちクールの北側にある小さな村。
ハルゲンシュタインにズントーのアトリエと住まいはあります。
4845
村の様子。
変換 〜 IMG_4854
アトリエズントー。
変換 〜 IMG_4857
建物への導入部。
スチール製の箱型のデザインはその後のプロジェクトにも形を少し変えながら受け継がれていきます。
そういえば、聖ベネディクト教会の照明と、ヴァルスの温浴施設の照明もほぼ同じ。
ケルンのコロンバ美術館の裏手にある塀と、ブルーダークラウス野の教会の外壁もほぼ同じ。
ズントーは気にいったデザインや素材は、転用しながら育てていくところがあるのかもしれません。
4859
入り口の簡素なサイン。
4890
道をはさんだ向かいにある、コンクリートのセカンドオフィス。
変換 〜 IMG_4867
そのテクスチャーがおもしろい。
麻袋?をかけたようなやさしい表情。
おもわずなでてみます。
変換 〜 IMG_4882
ズントー自邸。
誌面でみた、キッチンのある吹き抜け空間の部分かと。
MX-2310F_20160117_184555
MX-2310F_20160117_184555-2
大胆でシンプルな構成と
細やかで親しみのあるディティール、が印象的。
 
最後に
4898
村のとある住宅の2階の窓辺。
美しい窓辺をつくる、2階でも緑との距離感を近づけるデザイン。
いいなあ、と見とれてしまいました。
 
keep smiling!
奥野 崇
 

category : 建築をまなぶ旅(海外) | posted at 2016.1.17

ドイツ・スイス建築の旅4 聖ベネディクト教会

IMG_5108
今は昔、ズントーを知ったa+uの作品集(1998/02)の表紙を飾った建築。
小さな小さな村の中にある、聖ベネディクト教会です。
 
IMG_5110
教会前にある木と真鍮のシンプルな小さな水場もズントーのデザインでは?と思わせる。
 
IMG_5142
 
木の葉状に組まれた梁を浮かせて、ハイサイドライトからもれる光が印象的。
祈りの場を天からの光で演出するのは、従来の教会を踏襲しています。
ただし、そこにはステンドグラスはなく、光の合間から見え隠れするのは空の色や、周辺の緑。
この地に住まう人々のための教会。
 
全体的に質素なつくりで、内部の壁は合板にシルバー塗装でフィニッシュ。
IMG_5137
 
IMG_5133
IMG_5128
小物類は、金工職人による手仕事によるものだろう。
ひとつひとつのディティールが美しい。
IMG_5147
IMG_5145
 
 
 
ちょうど、日本で寺社建築の設計を行っている最中での今回の見学。
内面へむかう静かな建築をつくり出したい。
IMG_1318
 
keep smiling!
奥野 崇

category : 建築をまなぶ旅(海外) | posted at 2016.1.9

ドイツ・スイス建築の旅3 プレゲンツ

昨年の10月のお話しにはなりますが。
ドイツ、スイス、オーストリアの旅のこと。
IMG_4723
ピーターズントー設計のプレゲンツ美術館について、です。
ドイツの国境にも近いオーストリアの湖畔の小さな町、プレゲンツ。
 
プレゲンツ美術館は現代アートを展示する美術館で、
そのほとんどは、ガラスとコンクリートでつくられています。
IMG_4729
IMG_4735
内外共に均質で禁欲的な姿は、
光の抽象化のためなのか。作品の背景としてなのか。
特に内部は時の流れが止まったよう。
映画「cube」シリーズのワンシーンを思い出します。
IMG_4779
うーんと悩みながら、そとへ。
湖のすぐほとりにあるこちらの建築。
外部の在り方に「あっ」と気付いた、勝手な解釈に合点しました。
IMG_4780
IMG_4781
もしかすると、
この一見周囲に対して異質なこのガラスの建築は、
湖畔の靄になじむ姿を思い描いたのではないだろうか。
朝靄のなか、それと一体となって物質の輪郭を消し去るように。
街並み、にではなく、環境、に対して順応しようとしたのではないか。
 
勝手な想像にすぎませんが、、、
地域主義の建築家がつくった建築。
もう少しこの町でこの建築を眺めてみたかった。
 
Keep smiling!
奥野 崇

category : 建築をまなぶ旅(海外) | posted at 2016.1.6

ドイツ・スイス建築の旅2 バーゼル周辺

IMG_1057
ケルンからライン川と共に南へ下りて、
ドイツ、フランスの国境の街、スイス・バーゼルへ。
スイスというと寒いイメージがありましたが
バーゼルは海抜400m程なので、そんなに寒くはありません。
 
 
バーゼル付近では

  • ヴィトラミュージアム
  • バイエラー美術館

等を視察。
 
IMG_4459
ヴィトラとは家具メーカーで、この施設はその組み立て工場やミュージアムがいくつか集まったもので、建物の設計者には建築界のノーベル賞とも言われるプリツカー賞の受賞者も多数名をつらねます。
日本からは安藤忠雄さん、SANAAが参加。
他にはヘルツォーグ・ドムーロン、フランク・ゲーリー、ザハ・ハディド、アルバロシザ、レンゾピアノ、ジャン・プルーヴェと豪華絢爛。建築の見本市といったところか。
IMG_4462
特にヘルツォーグの建物は
小屋が積み重なったような建物で、あまりに有名。
屋根の建築、という今のトレンドのさきがけ。
内部空間の無秩序でシームレスな、めくるめくつながりは面白かったが、
全体としてはコマーシャル的要素の強い建築、というのが僕の感想。
 
建築の表層を重要な要素として設計する、のは分かるが
奥ゆかしさ、気分の抑揚は感じない。
本施設の他の建物をみても同様の感想で、
現代建築とは何なんだろうと考えてしまいます。
 
IMG_4471
スペインのビルバオ・グッゲンハイム美術館が知られる、フランク・ゲーリーの建築。
IMG_4375
安藤さんのセミナーハウス。
IMG_4278
IMG_4415
ヴィトラ社家具のショールームもあります。
コーディネート、まとまってます。
 
 
IMG_4508
IMG_4511
続いて、バイエラー美術館。イタリア人のレンゾピアノの設計。
柔らかな自然光を導く、を設計主題とした建築。
明るい天井と壁、の建築。
金物のディティールワークはさすがです。
※内部撮影は禁止とのこと。残念。
 
 
IMG_1094
夜はひとりバーゼルの旧市街へ。
トラムという路面電車の行き交う、旧市庁舎前。
なんだか柔らかい灯りです。
 
どこのレストランにしようかと、ゆらゆら、ゆらゆら。
IMG_1108
会社帰りのお父さんとその家族。
ウインドウ越しにチョコレートを眺める、老夫婦。
親密な空気を包み込む、街の雰囲気。
人と人の暖かいつながりと、それを包み込む街の空気感。
ああ、いいなあ。
 
IMG_1111
この街のそれらのシーンこそが、この旅の忘れられない一瞬となりました。
 
Keep smiling!
奥野 崇

category : 建築をまなぶ旅(海外) | posted at 2015.10.15

ドイツ・スイス建築の旅1 ブルーダークラウス野の教会

関係の皆様にご迷惑をおかけしながらも、
先の一週間をかけて
ドイツ・スイス・オーストリアへと建築の旅へと出かけてきました。
 
スイスの建築家、ピーターズントー設計の個人邸が見られるとあれば、
行かない理由はありません。
その様子を何回かにわけてお伝えしていければと思います。
 
変換 ~ IMG_4106
フランクフルト空港からまず向かったのはドイツ西部の街ケルン。
そのケルン郊外にあるのが、ブルーダークラウス野の教会。
2007年に竣工した、ズントーの設計。
 
この建築の特筆すべきは、それ自体はもちろんそのプロセス。
ズントーは設計するにあたり、
依頼主であるプロテスタントの夫婦とその村の人達に
自分達の手で施工すること、を条件として提示したとのこと。
依頼をしたご本人さんが、そう教えてくれました。
 
借り物ではなく、それぞれの想いと共に大切にされますように。
そう、願ったのではないだろうか。
変換 ~ IMG_4128
外部に使われたコンクリートには近くでとれた川砂利と土が混ぜられ、
内部の型枠として使用された丸太材も、すぐそばの森から切り出したもの。
ぽっかりと開け放たれた中央の吹き抜けにはガラスも何もなく
雨や雪、風がふきこんできます。
※内部の全体の様子が分かる写真の掲載は控えてくださいとのことで、断片的な写真になります。
変換 ~ IMG_4133
その地の人達の手による
その地の材料を使った
その地の人達のための小さな教会。
村に住まう人々が、大切な誰かと静かに祈りを捧げる場所。
 
静かで小さなこの建築。
足音、人の息遣いへと注意が向かい、内面へと意識を集中させられる建築。
変換 ~ MX-2310F_20151013_094332-1-1
変換 ~ MX-2310F_20151013_094332-2
 
 
Keep smiling!
奥野 崇

category : 建築をまなぶ旅(海外) | posted at 2015.10.13

中国の建築もろもろ

国土の広大さからなのか、文化の側面からなのか
日本と中国の建築への考え方や捉え方は少々異なるように感じます。
最も感じた差は視点の位置かなあと。
かなり暴力的な整理ですが
部分から考えていくのが日本的で、全体から考えるのが中国的。
ただし、どちらが良いとか悪いとかよりも、
最も重要な事は
それらミクロとマクロを自由に行き来できる感覚だと思います。
 
では写真をパラパラと。
 
オリンピックのメインスタジアム「北京国家体育場」 通称 鳥の巣。
設計はバーゼルの建築家ヘルツォーグ アンド ド ムーロンと中国のアーティスト アイウェイウェイの恊働。
変換 ~ CIMG1883
 
北島康介選手が金メダル獲得して「何もいえねえ」とコメントしたのはあまりにも有名。
「北京国家水泳センター」 通称 水立方
設計はPTW、オブアラップ。
変換 ~ CIMG1884
Img214667008
 
「望京SOHO」 ※SOHOとは事務所や店舗等のテナントビルの事。
設計は、現在様々な議論を呼んでいる新国立競技場の設計者に選定されたザハハディド。
イラク出身の彼女は、今後も世界の建築界を引っ張っていく重要な人物の一人です。
変換 ~ CIMG1897
 
北京にある複合施設「三里屯SOHO」
設計は隈研吾さん。このすぐ近くでも新しい物件の建設が始まっていました。
ここのテナントはガラガラ。
変換 ~ CIMG1945
変換 ~ CIMG1950
 
おまけ。
北京から車で2時間弱の、蘇州の様子。
このまちは平山郁夫さんの作品にも多くみられ、水郷のまちとしてもあまりにも有名。
変換 ~ CIMG2098
変換 ~ CIMG2008
 
keep smiling!
奥野 崇
 

category : 建築をまなぶ旅(海外) | posted at 2014.8.3
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

ブログ内検索

089-968-2887info2@okunotakashi.jpcontact