2020年10月

霜降(そうこう)

二十四節気の第十八。

 

朝晩の冷え込みがさらに増し、北国や里山では霜が降りはじめ、

少しずつ、冬の足音が聴こえはじめる頃。

事務所には素敵な新入りさんを迎えました。

日本のバラの代表的な原種である「ノイバラ」の大枝。

別名「野バラ」とも呼び親しまれています。

 

もともと有棘の低木類のバラのことを茨(イバラ)と呼んでいて

野生のものであるから、野茨(ノイバラ)となったもの。

 

 

10月も終わりに近づけば、実もしっかりと赤くなります。

秋が深まるころの愉しみのひとつ。

 

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 季節手帖 | posted at 2020.10.23
2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

ブログ内検索

089-968-2887info2@okunotakashi.jpcontact