BLOG

11月2018

名護から那覇

IMG_1721

1981年竣工の名護市役所。象設計集団の仕事です。

一見、市役所には見えません。まるで遺跡のよう。

IMG_1698

建築と植物が、言葉の通り一体に。

ほどよく影を落とす、半屋外のパーゴラが雁行して、ずるずる繋がっていく。

IMG_1678

1階は移動の空間。2階は職員の方々の休憩の空間として使われていました。

大きなテーブルがおいてあったり、鉢植えが並んであったり、雑巾が干してあったり。

各課によって使われ方が違って、性格がでているみたいでおもしろかった。

23

そうかあ。

市役所ってこういうもの、と思い込みがあったのだなと気付く。

中のレイアウトは使いにくそうなところもあったけど、何しろ半屋外の空間が魅力的。

妙に整いすぎてないところに、

職員の方々の生活感というか、人間味が感じられて、ほっとします。

こういうアットホームな市役所があったっていい。

 

IMG_1553

続いては、沖縄県立博物館・美術館。

琉球地域に残る、グスク(城)をオマージュしています。

IMG_1517

ポーラスな外壁の下には、気持ち良さそうな空間。

時間によって、表情も変化していく。というもの。

IMG_1544

IMG_1546

なにしろ展示が良かった。

沖縄の歴史を幅広く、わかりやすく展示してあります。

文化財的なものから、民俗的なところまであって見入ってしまいます。

当時の魚売りのおばちゃんの録音も流されていて、琉球の言葉を聞く。

小気味よい響き。

 

最後に。

美術館の企画展で見た、儀間比呂志さんの版画。

沖縄戦での生々しいエピソードをもとに、たくさんの作品を残されました。

恐くて、悲しくて、痛々しくて。

涙が流れました。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

 

 

CATEGORY : 建築をまなぶ旅