氷見のパン工房、引き渡しから

「人との関わり合いを大切にしたい」

打ち合わせでの忘れられないお話し。

 

設計期間の途中、ご自身が大きな怪我をされ入院、リハビリの日々。

計画自体も中断を余儀なくされましたが、いつも朗らかでいらっしゃいました。

 

信頼関係とその責任。

設計、工事と、よいチームとほどよい緊張感に恵まれました。

いい空気感でした。

 

西条市氷見にて、工事を進めておりましたパン工房が無事お引き渡しです。

建築という内部空間の次は、引き続きお庭という外部空間を整えます。

 

通常、私たちの事務所は完成にあわせた内覧会は行いません。

住まいの設計がほとんどの私たち。

住宅の場合、内覧会の意図が、

そこに住まう建主さんのためではなく、つくり手側の都合にある気がするから。

 

こちらの工房はパンのお教室がメインでの運営となります。

「お世話になっている生徒さんやご友人にお披露目をしたい」

との建主さんの声には、もちろん、とお答え致しました。

 

7月の上旬のころ、

一般の方にもひろく見て頂ける内覧会を行う予定。

詳細はまた改めてお知らせ致します。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 現場進捗 | posted at 2019.6.7
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

ブログ内検索

089-968-2887info2@okunotakashi.jpcontact