2013年2月

建築探訪 森山邸

東京での打合せにあわせて、

いつかはみてみたいと思っていた「森山邸」へ。

設計は西沢立衛氏。

 

 

 

 

東京でも下町のゴチャゴチャした住宅街の中に埋もれるようにあります。

狭い道路を抜けると、白い小さな箱達。

6.jpg

 

思っていたより、随分小さな箱の集まり。

通常の住宅のスケール感より

小さなこの集まりに不思議な感覚を覚えます。

 

 

3   .jpg

 

またそれらの距離感もあわせて小さい。

建物どうし、道への引き、街の人との距離。

 

1   .jpg

 

 

2   .jpg

 

 

 

10   0.jpg

 

スケール感、距離感の操作により、ある世界感をもった空間ができていました。

それはいわゆる住宅では感じることのない、
新しい感覚、体験。

人のためにつくられたものではないモノに

人が住み着いたような、楽しげでいきいきとした生活の雰囲気。

 

人の感覚に訴えかけるような建築。

新しい住まいのひとつのカタチ。

 

category : 建築をまなぶ旅(日本) | posted at 2013.2.14
2013年2月
« 7月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

アーカイブ

ブログ内検索

089-968-2887info2@okunotakashi.jpcontact