BLOG

お知らせ

おもうこと

変換 〜 IMG_5357のコピー

松山 柊の家 の木材が工場に揃ったとのことで

建主さんと、内子の西渕工務店さんへ。

 

変換 〜 IMG_5359

取次にて使用する桜の上がり框と式台。

この寸法の桜の材料は、全国的に希少のため徳島にて買い付けてきて下さいました。

その他、杉・檜の化粧材を現物確認。

とても綺麗な材料を揃えてくださり、ありがたい限りです。

 

変換 〜 IMG_5368

工場内では棟梁の中山さんが墨付け、仕口加工の最中。

ふわっと、木の香りが漂います。

 

自然素材での手仕事の家づくり、を大切にされている西渕工務店さん。

木材を目の前にしたときの

社長を始め、働かれている皆さんのいきいきとした様子が印象的で、

住まいづくりの哲学をしっかり共有されています。

 

変換 〜 IMG_5398

住まい、とは 生き方、が表現されるもの。

様々な方のお力を借りながら、

建主さんの住まい=生き方に、私なりの想いを込めてまいりたいと思います。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

 

 

CATEGORY : お知らせ 

想いを引き継ぐ

変換 〜 IMG_3704

秋空の下、余戸の家上棟の日を迎えました。

土間サロンのある、おおらかな平屋です。

 

隣接する既存住居裏のお茶室前にある沓脱石を、新しい住まいに移設。

変換 〜 02

変換 〜 04

変換 〜 06

変換 〜 IMG_3713のコピー

想い出とともに。愛される建築を目指して。

 

keep smiling!

奥野 崇

 

CATEGORY : お知らせ 

新しい仲間

変換 ~ IMG_3651

縁あって、新しい仲間が増えました。

 

ボーエ・モーエンセンが自らの邸宅のためにデザインしたのがこの「スパニッシュチェア」。

1959年に発表され、大胆な革の使い方と繊細なディティールが印象的です。

 

家具は手で触れて使ってみないと。

建主さんにできるだけ多くのおすすめ家具を体験してもらおうと

ダイニングチェア系だけでなく、イージーチェア系も少しずつ。

 

座りくらべ、も愉しいものです。

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

notes 石亭

IMG_3609-2

新しい「notes」が完成。

 

先だってのブログでもご紹介しておりました

全国の名旅館を訪ねる実測スケッチの旅、をまとめたものになります。

 

今回の舞台は、宮島の対岸にある「庭園の宿 石亭」。

手入れ行き届いた1500坪の広大な日本庭園を中心に、

日本建築をベースにしたわずか12室の客室、北欧の名作家具が並ぶ「極み」の名旅館です。

 

客室の実測スケッチはもちろん、

住宅設計にも通ずる良点の解説や、多数写真に加え

「もしも石亭に建築をつくるなら」と設計提案をした空想建築も収録しております。

 

ご希望の方には、無料にてお送りしておりますが、数に限りがございます。

こちらのページよりお進みくださいませ。

スケッチ

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

ライフワーク

すでに住まわれている住宅の見学は難しい。

 

住宅とは、あまりにプライベートな使われ方をするため

必然的に外からの見学が多くなってしまう。

住まいの醍醐味は内部にこそある、と思っているので、はがゆさはつのるばかり。

 

でも、できることはあるはず。。。名設計者の多くは旅館の設計を行っている。。。

私の全国の名旅館のスケッチの旅は始まりました。

 

 

「居心地の良い」空間体験の積み重ねのため、

またその根拠となりうる寸法感覚を身に染み込ませるため。

 

私のライフワークである、この旅のひとひらを切り取ったnotes

心踊る出会いから、大好きな旅館を舞台とした新しいnotesが実現しそうです。

詳細きまりましたら、お知らせさせてください。

素敵な人と空間・時間、家具やモノをご紹介致します。

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

スタッフ募集の案内

当事務所では欠員に伴い、スタッフを募集しております。

【採用資格】
年   齢:30歳以下
木造の住宅設計に真剣に取り組みたい方

【業務内容】
建築設計・監理業務全般

【PC環境】
Windows,mac

【使用CADソフト】
JW CAD
Vector Works他

 
ご希望の方は履歴書を下記の住所にお送り下さい。
こちらからご連絡させて頂きます。

 

奥野崇 建築設計事務所

〒790-0814
愛媛県松山市味酒町2-18-1 味酒04ビル3F
089-968-2887

CATEGORY : お知らせ 

目の置き場所

変換 〜 IMG_0259-2

新居浜での現地調査にあわせて、萩の茶屋さんへ。

現在計画中の納骨堂にて、ご一緒して頂いています

創造園、越智さんの仕事。

 

店内の一番奥にある庭園によって、空間の質が変わっています。

目を奪われました。

 

keep smiling!

奥野 崇

 

 

 

CATEGORY : お知らせ 

週末の現場

今週末も現場は進行しております。

 

変換 〜 IMG_1520

大洲の家。

昔からの商店街の中にある敷地。

工事に先立ちまして、まずは解体工事。

なんと、現場からは古い古い井戸がでてきました。

 

IMG_0180

IMG_0179

松山市内での住宅。

お風呂の時間を大切にされる建主さん。

基礎工事の準備が進む中、

露天風呂の寸法、勝手の検討をするため

原寸のモックアップを合板で用意。

実際にこの中に入ってみて、の打ち合わせになりました。

 

変換 〜 IMG_1545

最後は、衣山の家。

分譲地内に建つこちらの住宅。

天気にも恵まれ、無事上棟を迎えました。

北欧家具の、ウェグナー好みの建主さん。

お手伝いさせて頂きまして、既に YチェアとCH33の計4脚の手配を終えています。

 

よりよい建物にするために、尽力してまいります。

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

掲載のお知らせ

変換 〜 チルチン

6 月  11日発売の「チルチンびと」(風土社)に

愛媛県の建築家として紹介されました。

 

47都道府県の地域の根ざした建築家が、

それぞれの地域の気候風土と、住まいづくりについて記したもの。

 

見かけましたら、手にとってやってくださいませ。

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

四君子苑

京都の出町柳のすぐ近くにある、四君子苑。

春と秋に一週間ずつのみ一般公開されるのにあわせて、

強引に時間をつくり、新緑の京都へ向かいました。

変換 〜 IMG_0815のコピー

実業家であり、茶人であった北村勤次郎(1904 -1991)の命による

茶苑と数寄屋造りの建物(旧北村邸)は昭和時代の数寄屋建築の傑作です。

四君子苑という名の由来は、

菊の高貴、竹の剛直、梅の清洌、蘭の芳香を四君子と中国で讃える風習があり、

その菊、竹、梅、蘭の頭の文字が「きたむら」と読めることから、

その品格風格にあやかることを祈って、北村謹次郎が命名したものだそう。

変換 〜 IMG_9707

四君子苑の数寄屋造りの建物は、

京数寄屋の名棟梁と謳われた北村捨次郎の晩年の作品で、

昭和15年に着工し昭和19年に完成。昭和38年には、

前回のブログでも取り上げました吉田五十八により母屋が、近代数寄屋建築に建替えられたものです。

変換 〜 IMG_0818

内部は撮影禁止とのことで、ご紹介できないのが残念。

自然を取り込む壮大な構想で計画されており

鴨川を隔てて大文字を正面に望む広間を設けていたり、高床の建物の床下を水が流れていたり。

 

室内から緑が見える、といった

よくある庭とのつながりを超える清々しい空間体験は、とても貴重なものであった。

 

keep smiling!

奥野 崇

 

CATEGORY : お知らせ