松山の家/2021
松山の家
0か1か。
白か黒か。
そのどちらか、ではなくて
それぞれの間にある階調には、深い可能性があると思う。

見える、見えない。
開く、閉じる。
明るい、暗い。
広い、狭い。
聞こえる、聞こえない。
その間。

季節・時間・建具・簾・スクリーン・目線・植栽・水・・・。
変動するものによって、微細な階調をつくりだす。
多様で豊かな人の居場所を見出すため。

高い耐震性はもちろん、建物の基礎体力ともいえる気密・断熱性能を確保することは当然のこと。
その上で居住エリアにおいては、全館空調によって温度と湿度の調整を行なっている。


撮影:小川 重雄
The architecture embraces the flowing inner garden.
The trickle of water, quietly echoing through the family’s very own private garden.
It’s a sensation of being out in the fields and mountains.

Of great importance is the aperture that brings the garden inside.
Particular attention was paid to creatively situating this interspace,
purposely setting the location and height so that not everything is revealed,
and using lattice blinds and screens creating layers while offering transparency,
allowing the imagination to expand when taking in what lies beyond.
Transparency can be created even if it is not actually visible.

The roof structure, made of local cedar, has become part of the living room.

The flooring in the entrance hall is laid towards the inner garden with no visual interruption, giving the feeling that the outside and inside are a shared space.

By closely linking the inner garden that expresses nature and the human home,
the idea was to offer a lifestyle that enjoys every aspect of the changing seasons.
  • 施工 : 株式会社 もみじ建築 /
  • 造園 : 巴園 小野 豊 /
  • 住所 : 愛媛県松山市 /
  • 延床面積 : 197.46㎡ (59.73坪)

  • 構造 : 在来軸組工法 平屋 /
  • 耐震 : 等級3 /
  • 断熱(Ua値): 0.36W/㎡・K /
  • その他 : 長期優良住宅 2020年竣工
089-968-2887info2@okunotakashi.jpcontact