季節手帖

浅葱色の旅人

 秋の野に咲きたる花を指折り

 かき数ふれば七草の花

 萩が花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花

 また藤袴 朝顔の花 ―山上憶良「万葉集」

 

秋の七草の一つ、藤袴(フジバカマ)が満開です。

桜餅のような独特の香りに誘われてか

そこには、アサギマダラの姿が。

 

アゲハチョウのように細かく羽ばたかず、

ふわふわと飛翔するのがその特徴です。

また、その様子からは想像し難いのですが、

中には海を越えて台湾まで飛んでいくものもいるんだとか。

アサギマダラは、季節により長距離移動する日本で唯一の蝶なんです。

 

名前に含まれている

「浅葱(あさぎ)」とは青緑色の古称で

その美しい羽の色に由来しています。

透き通る陽のひかり。

秋晴の下、空気がより澄んだ気がしました。

 

 

奥野 崇

category : 季節手帖 | posted at 2022.10.20

花の履歴書

1995年に出版された書籍。

東西古今の花にまつわる歴史と記憶がまとめられています。

花のそれには、自然環境だけではなく

人間の影響が小さくはないようです。

美への欲求を発端とする、人間の業とは計り知れないものがありますね。

 

ひょんなことで出会った、

とってもおもしろい方に教えて頂きました。

新しいオフィスでの庭づくりにも参画して下さっています。

どこかの場面で、ひろくお話しを聞けるような機会ができればいいなと妄想しています。

 

 

奥野 崇

category : 季節手帖 | posted at 2022.10.12

お彼岸の頃

異常気象だといわれる昨今。

開花期がずれる植物も増えたような。。。

 

今年はとりわけ暑い夏だったのに、

お彼岸にあわせてきちんと咲くのですね。

事務所のある窪野町は、

彼岸花の群生地があることで知られます。

改修工事中だったあのときから、ぴったり一年。

はやいものです。

 

野に咲くツユクサも、にっこり笑っています。

 

 

奥野 崇

category : 季節手帖 | posted at 2022.9.21

朽草(つちくさ)

山手の水辺には、小さな光が舞い始めるころ。。。

 

「朽草」は螢の異名です。

幼虫のあいだ水の中で過ごした螢は、

土の中で蛹になり、羽化して枯れ草の下からでてきます。

先人達は、朽ちた草が螢になったと信じたのでしょう。

 

螢火はラブコール。

短い命を燃やし次代に繋げる清らかな光は、まさに命の行灯です。

その姿は、恋の想いを重ねて歌に詠まれてきました。

 

恋に焦がれて鳴く蝉よりも

鳴かぬ螢が身を焦がす 『山家鳥虫歌』

 

螢狩りの際には、

どうぞ恋の邪魔をしないように。

 

 

奥野 崇

category : 季節手帖 | posted at 2022.5.29

光の春

日脚が長くなり、空も随分と明るさを増してきた頃。

 

陽光の明るさに反応して、

冬眠から目覚めたり、芽吹きの準備を始めたり。

この時期のことを「光の春」といいます。

 

私たちの新たな場所づくりも佳境に入りました。

見える景色の光も色も、

少しずつ明るくなってきています。

 

 

奥野 崇

category : 季節手帖 | posted at 2022.2.27

令和四年 壬寅

新春の言祝ぎを謹んで申し上げます。

 

善きことが穏やかに続く。

そんな日々の再来を、

心よりお祈り申し上げます。

 

 

奥野崇 建築設計事務所

category : お知らせ | posted at 2022.1.1

数え日

今年もあといく日と

指折りかぞえるほど押し詰まるこの時期を、数え日といいます。

 

気忙しいこの頃にこそ、

一年の出来事を振り返り感謝の気持ちを胸に。

 

新たな一年の訪れが、皆様にとって輝かしいものとなりますように。

 

 

奥野 崇

 

 

 

年末年始の休業日のお知らせ

12月29日(水)〜1月4日(火)

category : お知らせ | posted at 2021.12.28

南天(なんてん)

冬を彩る赤い実といえば、南天でしょう。

薬用や観賞用として、平安時代に中国から伝来し

「難を転ずる」という語呂から縁起がいいとされてきました。

 

また古くは、枕の下に南天の葉を敷いて眠ると

悪い夢を見ない、という言い伝えも残っています。

 

薬効があり、縁起がよく、魔除けになる。

先人たちも、うんと大切にしてきた植物なのです。

 

 

奥野 崇

category : 季節手帖 | posted at 2021.12.13

新嘗祭

新嘗(にいなめ)とは、

新の嘗(にいのあえ)=ごちそうでもてなすこと

が変化した言葉です。

 

新嘗祭は

天皇が新穀を神に供え、自らも食する儀式のことで

太陽暦が採用されてからは11月23日と決められたそう。

また、昭和23年以降は「勤労感謝の日」として国民の休日にもなっています。

 

豊穣にも、勤労にも。

あらためて感謝する一日です。

 

 

奥野 崇

category : 季節手帖 | posted at 2021.11.23

光景

慌ただしく図面をまとめる日々、

もうこの季節がやってきていました。

久しぶりの休みは、

恒例となっている古岩屋へ。

 

はや一年。

色、音、匂い、

めぐる光景を確かめるように。

 

 

奥野 崇

category : 季節手帖 | posted at 2021.11.14
2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

ブログ内検索

089-968-2887info@okunotakashi.jpcontact
PAGE TOP
奥野崇建築設計事務所 公式インスタグラム