お知らせ

雲の峰

二十四節気では大暑の頃。

一年の中では、最も暑い時期ということです。

 

今年はといえば稀に見るほど梅雨明けが遅れており、

暦との齟齬を感じるところかもしれません。

今年は変則ながらも、子どもたちは夏休みへ。

夏の思い出の背景には、いつも青い空と入道雲があったような気がします。

 

地上からの強い上昇気流に乗って

ときには高さ15kmにも達する巨大な雲が

夏の強い日差しを受けて白く輝く様は勇壮そのもの。

 

地方によってはこの夏空に沸き立つ雲に

その地方名に「太郎」をつけた名前で呼ぶことも。

・坂東太郎(関東地方)

・信濃太郎(中部・北陸地方)

・丹波太郎(京阪地方)

・比古太郎(九州地方)

名前がつけられるほど、

皆に親しまれ、季節の象徴的な雲だったのですね。

 

 

 

一方俳句では、

入道雲のことを「雲の峰」とよび、夏の季語にもなっています。

特に知られる句としては、

 

"雲の峰 幾つ崩れて 月の山"  奥の細道(松尾芭蕉)

 

ではないでしょうか。

月の山とは出羽三山のひとつ、現在の山形県にある月山のこと。

月山は標高1981mと2000mにも満たないですが

豪雪地帯の山のため、

冬に降り積もった深い雪が夏になっても溶け残り、

ときに雪が山肌を覆う山だそう。

 

 

この句は元禄2年6月6日に詠まれたとされています。

現在の暦に直せば7月22日ですから、

平年なら梅雨明けの厳しい夏の日。

 

大暑の頃になっても、うっすら雪を残す白い月山と、

その山の上にそびえる、さらに白い雲の山。

陽光に輝く夏雲の姿を眺めて、この句を詠んだのかもしれません。

 

 

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : お知らせ | posted at 2020.7.25

小暑

南楽園からは、古代蓮の開花の知らせが聞こえてきました。

二十四節気では小暑の頃。

「大暑来れる前なればなり」 暦便覧

本格的な暑さが到来する前段階、ということ。

小暑を迎えると、衣食住のあらゆるものが夏向きのものに変わっていきます。

 

 

また、七十二候で小暑の初候はその名もすばり

「温風至」(あつかぜいたる)

"温風"と聞くと、暖房器具などのそれを思い浮かべてしまいますが、

本来の"温風"とは、あたたかい南風のことを指しており、夏の季語にもなっています。

 

その"温風"も、梅雨の時期によって呼び方が変わります。

梅雨の初め頃は、黒南風(くろはえ)

ちょうど中頃は、荒南風(あらはえ)

終盤になる頃は、白南風(しろはえ)

各時期の雲の様子を色で表現したもので、漁師さん発祥の言葉ともいわれています。

 

 

梅雨の終盤は、特に豪雨になりやすい頃。

現在も九州を中心に予断を許さない状況です。

どうぞ皆様、最大限の警戒を。

 

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : お知らせ | posted at 2020.7.7

ARK JOURNAL

デンマークの著名なインテリア雑誌のエディター・スタイリストを長年務める、Mette Barfod。

彼女が中心となって、

2019年に創刊されたのが"ARK JOURNAL"です。

テーマは、『私たちの周りの空間、そこに置くオブジェクト、そのオブジェクトの作り手』

 

その存在を知った時から、気になっていましたとも。

流通量が少なく、国内ではなかなか見つけられなかったのですが

ハンブルクの書店でようやく発見。

約一ヶ月をかけて、はるばる松山までやってきてくれました。

 

 

建築、インテリア、デザイン、アートの共振に

スカンジナビアの美意識や価値観を通してフォーカスしていく。

タイポグラフィーも独特の風通しのよさで

誌面の隅々にまで、透きとおった空気感で満ちています。

 

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : お知らせ | posted at 2020.7.3

短夜 (みじかよ)

枕草子の冒頭にて

"夏は夜。月のころはさらなり、やみもなほ、ほたるおほく飛びちがひたる。

また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。"

と、夏の最もすばらしい時間帯は夜である、と清少納言は綴っています。

 

 

ちょうど今は、一年の中でもっとも日が長く、夜が短いころ。

冬とくらべれば、およそ5時間もの差があります。

 

夏至 (6月21日)

昼の時間:14時間26分 (日の出:04時58分)

夜の時間:09時間24分 (日の入:19時24分)

 

冬至 (12月21日)

昼の時間:09時間54分 (日の出:07時11分)

夜の時間:14時間06分 (日の入:17時05分)

 

 

 

その短さを惜しむ気持ちから、

夏の夜を呼んだのが「短夜(みじかよ)」という季語です。

 

一方で、言葉がうまれた背景には、

明けやすさを恨む、男女の後朝の情もそこに重ねられたのだとか。

たしかに「古今集」や「新古今集」にも、

夏の夜の短さをかこつ歌が多く見られます。

 

 

実時間をさらに短く感じさせるような

互いを想いあう儚い気持ちが

「短夜(みじかよ)」という季語には込められている。

なんと切なく、哀調を帯びた言葉でしょう。

 

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : お知らせ | posted at 2020.6.23

紫陽花

この季節の代名詞ともいえる、アジサイ。

私たちの事務所でも、小さくて控えめなヤマアジサイが満開をむかえています。

個人的には、ガクアジサイや、ヤマアジサイの可憐な姿に心惹かれます。

ガクアジサイは多くのアジサイの原種のもので、

日本の海岸付近に自生している、別名ハマアジサイ。

一方、ヤマアジサイは山中の沢付近によくみられ、別名サワアジサイとも。

いずれも山野の中ひっそりと咲くその姿に、魅力を感じずにはいられません。

 

アジサイの語源は、はっきりしていないようですが、

歴史を振り返って、その表記の多さに驚かされます。

古くは万葉集で詠まれた「味狭藍」「安治佐為」。

その後も「阿豆佐為」「集真藍」「安知佐井」「七変化」「八仙花」「四葩」などなど。

 

現在、最もよく使われる「紫陽花」という表記は、

平安時代に学者道順が、なんと他の花の漢名と間違えてあててしまったものなんだとか。。。

 

 

どんよりした梅雨曇と、しとしと降る雨の日々。

モノトーンの景色の中、その一隅を色彩豊かに明るくしてくれる姿は、

「紫陽花」という名がぴったり、と改めて思うのは私だけでしょうか。

 

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : お知らせ | posted at 2020.6.18

拝み虫

二十四節気での芒種の初候、

6月5日から9日頃を、蟷螂(かまきり)が生まれる時期として

蟷螂生(かまきりしょうず)と呼ばれます。

自然の中へ、と足を延ばした週末。

ふと木製ベンチの上に

黒い小さな、ちょうど蟻のような生き物を見つけました。

よく見るとそれは、

成虫と同じ形をした小さな小さな子蟷螂。

 

 

蟷螂(かまきり)といえば、

無謀にも強者へ立ち向かっていくたとえとして

「蟷螂(とうろう)の斧」ということわざがあるほど、日本ではポピュラーな存在。

 

一方で、鎌で獲物を狙う特徴的な姿が、

拝んでいるようにみえるので「拝み虫」という異名を持ちます。

ヨーロッパでもやはり、

その姿に祈りを連想したようで「祈り虫」とも「預言者」とも呼ばれるそう。

おもしろいですね。

 

 

子蟷螂はどうかといえば、、、

エイエイ、としっかりかわいらしく

拝んでいましたとも。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

 

category : お知らせ | posted at 2020.6.8

道中にて

現場へ向かう移動中。

ハッと、そのみなぎる生命力に思わずカメラをとりました。

 

松山と今治のちょうど間、玉川は昔から好きなところです。

毎日、日付がかわっても働いた20代。

山間を抜けた先にある風景が好きで

日曜になると、よくここで絵を描きました。

近所のおばあちゃんと仲良くさせてもらったのも、今はいい思い出。

 

いつかは水の側で暮らしたい、と心に決めています。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : お知らせ | posted at 2020.5.26

旅の思い出

思えばちょうど3年前、メキシコでの思い出。

 

輪郭のはっきりした光と、

ブーゲンビリアの色彩。

ヨーロッパの荘園をバックボーンに

メキシコの大地に着地した、

ルイス・バラガンの建築をみてまわりました。

 

 

"今回のコロナによる経験によって、

人との繋がりを大切に想う気持ちがまして、

以前よりもよりあたたかい世界になってくれたら良いなと思うこの頃です"

旅にかかわる方からのメールの一文。

 

 

体験することでしか、

建築は理解できないと思っています。

そこにある風土を下敷きに

それぞれの地域で派生した建築をめぐる旅を、またしましょう。

 

どうぞ皆様、ご健康に。

 

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : お知らせ | posted at 2020.5.12

今、私たちの考えについて

平素より、弊社ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

また、新型コロナウイルスの感染拡大により不安な日々が続いており、

支えてくださっている方々へ、心よりお見舞い申し上げます。

 

 

現在の状況に際して、

住まいづくりに関わる、私たちのような小規模の集団が何を言えるのか。

このところ、ずっと考えていました。

 

住まい(建築)とは

地域や社会の記憶の受け皿であり、

風雨や喧騒から人を守る受け皿でもあります。

それは、

地域や社会、家族にとって

ひとつの拠り所となりうる存在だと思っています。

 

私たちは、多くの家を建てること、が目的ではありません。

次世代に引き継いでいくに値するべく、

蓄積ある地域や社会に謙虚に寄り添いながら、

住まい手の安心できる居場所を

ひとつひとつ丁寧につくること、がそうです。

 

一方で、

コロナ禍による経済への影響は、

今後あらゆる業種において

本格的に表出してくるものと考えます。

気象や天候など人の力ではコントロールできないものと

密接に暮らしていた時には当たり前だったかもしれない

先を見通せない"怖さ"を直視しているところです。

 

 

現在、新たにご相談頂く方々には、

今すぐ計画を進める必要性について

じっくりとお話しをさせて頂いています。

人と会える、という

当たり前の社会基盤すら揺らぐなか、

私たちが仕事を得るためだけに、進めたくない。

駆け引きないやりとりの中で、お互いが納得してやっていきたい。

 

住まいという存在が

過去と今と未来とを繋ぐためものから、単なる負債へとなってはならない。

強く強く、思います。

 

気がつけば、もう立夏の頃。

野山は新緑に彩られ、

薫る風には、はや夏の気配が漂いはじめました。

 

立夏とは、二十四節気において

四季のはじまりとなる"四立"のひとつで、

暦の上では夏のはじまりです。

 

 

季節の移ろいを感じながら

ゆっくりじっくりも良いのでは、と思います。

 

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : お知らせ | posted at 2020.5.5

空気のような

haruka nakamura / スティルライフ

 

 

特別に身構えなくても、

街の音や、暮らしの音、子供の声と一緒にあっていい。

ふと気付く旋律に、

"あぁ、素敵だなぁ"と思える。

穏やかなミュート・ピアノアルバムです。

 

 

 

好きなものは、

何度も何度もながす癖があります。

 

聞けば7年振りのソロアルバムとのこと。

もう7年?と思うほど。

色褪せないその楽曲たちは、

今もまだ、僕の暮らしと共にあります。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : お知らせ | posted at 2020.4.27
2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

ブログ内検索

089-968-2887info2@okunotakashi.jpcontact