2021年11月

新嘗祭

新嘗(にいなめ)とは、

新の嘗(にいのあえ)=ごちそうでもてなすこと

が変化した言葉です。

 

新嘗祭は

天皇が新穀を神に供え、自らも食する儀式のことで

太陽暦が採用されてからは11月23日と決められたそう。

また、昭和23年以降は「勤労感謝の日」として国民の休日にもなっています。

 

豊穣にも、勤労にも。

あらためて感謝する一日です。

 

 

奥野 崇

category : 季節手帖 | posted at 2021.11.23

光景

慌ただしく図面をまとめる日々、

もうこの季節がやってきていました。

久しぶりの休みは、

恒例となっている古岩屋へ。

 

はや一年。

色、音、匂い、

めぐる光景を確かめるように。

 

 

奥野 崇

category : 季節手帖 | posted at 2021.11.14

秋の夜に

季節の移ろいを感じるこの頃。

夜の静かな時間、じっくりと実施図に向かい合う。

スタッフのいなくなった事務所で、ひとり音楽を聴きながら。

Remis Rančys – Pavėjui

 

ジャンルや地域を軽やかにこえて、心地よいサウンドスケープをつくりだす。

微かに漂う香りのように、その情景がうかんできます。

PURNAMASI YOGAMAYAのボーカルも素敵。

リトアニアから届いた音楽集です。

 

 

奥野 崇

category : 季節手帖 | posted at 2021.11.1
2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

ブログ内検索

089-968-2887info@okunotakashi.jpcontact