メキシコの旅2 バラガン自邸

メキシコ入り。
s_IMG_1241
首都メキシコシティの住宅街にひっそりある、ルイス・バラガン自邸。
1948年竣工。
1988年に亡くなるまで、後半生を過ごした自邸兼仕事場です。
2004年にはユネスコの世界遺産にも登録されているよう。
通りに対してはそっけない姿。まさかここがバラガン邸とは、といった感じ。
IMG_1153
一転、
内部には、写真で何度もみた光景。
光、を感じる。
静止したような空間の数々。
IMG_1136
s_IMG_1160
s_IMG_1188
s_IMG_1214
s_IMG_1184
まさに静寂。
各部屋ごとの異なる光によって空間の性格が与えらます。
また、空間の中に絵画的に美しい瞬間がある。
s_IMG_1195
s_IMG_1117
s_IMG_1162
s_IMG_1230
「孤独と一緒にいる時だけ、人は自分自身と向き合える」
とはバラガンの言葉。
一人の時間を大切にし、
生涯独身で、気の許せる限られた人とのみバラガンはこの家で共に過ごしたそう。
バラガンの心を体現する建築。静かな建築。
 
 
keep smiling!
奥野 崇
 
 

category : 建築をまなぶ旅(海外) | posted at 2017.5.16
2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

ブログ内検索

089-968-2887info2@okunotakashi.jpcontact