カンダラマ Heritance Kandalama

スリランカの中央付近、ダンブッラのほど近く。
かつて農業用水の確保のためにつくられた、人造湖であるカンダラマ湖。
そのほとり。
言わずもがなバワの最も有名な建築のひとつ、カンダラマホテル。
 
IMG_8475
圧倒的な存在感を持つ熱帯植物に、とりこまれることを許容する建築。
 
IMG_0749
自然と一体、などという月並の表現では足らず
自然に飲み込まれるのを待っているようにも思える。
 
 
IMG_8495
IMG_8491
開放的なラウンジや、
ラキ氏による彫刻がシンボリックなレストランへの階段。
 
IMG_8427
昨年に続いての訪問だったからか
ゲストルームをアップグレードしてくださいました。
10
09
全体のアウトラインはシンプルながらも
引き戸の処理や、見え方や見える範囲の細々した調整で
豊富な空間体験がつめこまれているのがバワの特徴と思います。
 
 
二度目の滞在となった今回。
特に感じたのは、自然の移ろい。
IMG_8462
大地の明るさによって、時間流れに気づき
当たり前のように訪れる、1日の終わり。
IMG_0770
その濃度により新たな今日の日を知り、
IMG_8494
明るい陽の光による、内面からこみあげる喜びに気付く。
 
IMG_8445
圧倒的な自然を前に、建築の印象は薄くなる。
建築はより透明な存在へ。
人の原始的な感覚を取り戻させてくれる、新鮮な体験。
 
08
 
 
keep smiling!
奥野 崇
 
 
 

category : 建築をまなぶ旅(海外) | posted at 2017.3.4
2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

ブログ内検索

089-968-2887info2@okunotakashi.jpcontact