北欧建築の旅7 夏の家、まとめ

IMG_1514
1937年にストックホルム郊外に造られた、
アスプルンド自身の小さな夏の別荘である「夏の家」。
1940年、55才で亡くなった氏の作品としては晩年のものにあたる。
 
IMG_1646
接する道路からはしばらく歩いてアプローチするため
湖と森に囲まれた完全にプライベートな空間。
北側に森があって、南に湖がある敷地ということに
アスプルンドはこだわったんだそう。
IMG_1525
控えめな玄関。飛び石の様子は日本の影響とか。
IMG_1588
IMG_1598
IMG_1605
30-1
30-2
夏の短い地域。
陽の少ない、長く厳しい冬を過ぎた明るい夏を楽しむ家。
アスプルンドが完全に人目のない敷地にこだわったのかが分かります。
プライベートな外部を一つの部屋のように扱い
一転、内部空間は親密な空間が続きます。
IMG_1614
日中は外で日光浴や釣りなどを楽しみ
日除けのスペースとして、家族と静かな夜を過ごすスペースとして建築は考えられたのでしょう。
内外をつなげるため建物には五つもの出入り口が計画されています。
 
IMG_1621
32-1
プランの中で特筆すべきは部屋同士のつなげ方。
リビングと近接するダイニング、玄関脇のイージーチェア部分が
それぞれの家具の向きを変えながら、一同に目にはいってきます。
目線はあわないけれど、視界の中にははいる。
自分の時間を過ごしながらも共に過ごす一体感を感じる。
「とおくはなれてそばにいて」村上龍の著作でこのような題があったような。
IMG_1669
31
29-2
この旅の一番の心に残る
慎ましくも、親しみ深い小さな小屋のような建築。
 
 
2-2
4-1
18-2
22-2
フィンランド、スウェーデンの北欧の旅を通じて
空のスケッチが多いことに気付きます。
淡く、美しいグラデーションを描く夏の空。
 
-20℃にもなる厳しい冬を越え
人との繋がりや交流の恋しさを爆発させるような夏の季節。
特にアアルトの建築には他の誰かといることが思い浮かぶものが多くて
人懐っこい人間性を勝手に想像してしまいます。
 
いろいろな手法は
いきいきとした人の生活と時間のために。
建築はある願いを込めた、それでいて大きな受け皿でありたい。
風土や人に寄り添う存在でありたい。
16-2
当たり前のことを、ひたすら真摯に取り組む巨匠の姿を思い描いてしまう旅となりました。
 
keep smiling!
奥野 崇

category : 建築をまなぶ旅(海外) | posted at 2016.6.5
2016年6月
« 5月 7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 

アーカイブ

ブログ内検索

089-968-2887info2@okunotakashi.jpcontact