開口部まわり

変換 ~ 01
私は、庭と一体となった建築の設計を好んで行います。
庭とのつながりをつくることは、気持ちが落ち着きますし、暮らしに潤いを与えてくれます。
一方で大きなガラス面は外気の影響を受けやすく、
室内の温環境に大きな影響を与えてしまいます。
 
その両立を、と
ガラス面の断熱性能を高める、
建具廻りの納まりの原寸図による指示、
ロールスクリーンや障子などの補助材の活用、などに配慮しています。
IMG_0187
 
また、客観的な根拠を測定するべく
FLIR0040
サーモカメラを導入して手法と効果の蓄積をしています。
FLIR0025
冬の日差しの暖かさを再認識する写真。
 
客観的根拠、と同時に人の肌感覚、を忘れないように設計を行っています。
 
keep smiling!
奥野 崇
 
 

category : お知らせ | posted at 2016.1.13
2016年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

ブログ内検索

089-968-2887info2@okunotakashi.jpcontact