京都、北山にて

変換 ~ IMG_2148
柊の家、の床柱の現物確認のため京都・北山へ。
あっさりした「行」の和室に縮緬絞りの丸太柱をあわせます。
北山杉は茶室や数奇屋の建築用材として頻繁に用いられ
その特色はとりわけ材質が緻密で木肌が滑らかで光沢があり、干割れが生じにくい等があげられます。
 
変換 ~ IMG_2150
冷暗な倉庫に永く保管される材料のその表面は、まるで人の肌。
時空を超えて静かに眠る、生き物のようにみえる。
多くの人の手によって現代に在る材料。
ありがたく、大切にせねば。
 
keep smiling!
奥野 崇
 

category : 現場進捗 | posted at 2015.12.10
2015年12月
« 11月 1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

アーカイブ

ブログ内検索

089-968-2887info2@okunotakashi.jpcontact