BLOG

ご報告と御礼

house_in_yougo_17

「土間サロンのある家」が、

チルチンびと住宅建築賞 45才以下建築家部門にて

優秀賞を頂きました。

 

昨年の「五つ庭の平屋の家」に続いての受賞となり、喜びも一入。

 

地域風土に根ざす木造住宅を評価する本賞において、

このような賞を頂けましたのも

建主さんをはじめ、工事関係者の皆様による、あとひと手間、の積み重ねの賜物です。

本当にありがたい限りです。

 

今後もひとつひとつ、自分達の思う「本当」を積み重ねていく所存でございます。

皆様、変わらぬご指導ご鞭撻の程、どうぞ宜しくお願い致します。

 

奥野 崇

 

 

第5回チルチンびと住宅建築賞

主催:株式会社 風土社

審査委員長:泉 幸甫

審査委員:田中敏溥、大野正博、藤井 章、横内敏人、松本直子、水澤 悟、古泉 丞、植久哲男

 

土間サロンのある家

設計 : 奥野崇建築設計事務所  奥野 崇

施工 : もみじ建築  乗松 宏吉、窪田 法秀

造園 : 創造園  越智 将人

CATEGORY : お知らせ 

丹原の家、建築引渡し

img_6778%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

丹原にて建築工事お引渡し。

石鎚山系を望む家。

リビングのカーブした天井が印象的。

若いご夫婦の暮らしを包み込む、やわらかい雰囲気ができました。

img_6798

良き日を祝福するような、気持ちの良い晴天。

家具搬入、造園工事へと続きます。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : 現場進捗 

会津町の家

img_6699%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

img_6700

鉄筋コンクリートと木造のハイブリッド構造である、離れの建築工事が完了。

大判の御影石の外壁、綺麗におさまりました。

 

並行して造園工事も進みます。

今回も仙波農園さんとの仕事。

 

年内での全て完了を目指しております。

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : 現場進捗 

掲載のお知らせ

91pq8i8thal

「和モダンvol.9 木を生かした住まい」 にて

気鋭の建築家として8ページ分、紹介されています。

 

木造住宅の第一線で活躍される先生方の仕事も多く収録された本誌。

見かけましたら、どうぞ手にとってやってくださいませ。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

山の稜線

丹原の家。

来週の引き渡しにむけて

建築工事の最終確認と、年明けから始まる植栽工事の打ち合わせ。

 

img_0209

若い夫婦のための、石鎚山系を望む家。

あいにくの天気でしたが、その連なりが垣間見えました。

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

ポツン、

img_0160

工事中である、光林寺さんの現場事務所。

玉川の山あいの敷地です。

山の向こうの灯りは今治市内のものだと思われます。

 

ちなみに、猿がでます。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

 

CATEGORY : 現場進捗 

大洲、臥龍山荘にて

img_6407

大洲の肱川沿いにある、臥龍山荘。

古くからの景勝地であった場所を、木蝋貿易の成功による明治の豪商、河内寅次郎がつくらせた数寄屋建築で

今年の7月には国の重要文化財に登録されました。

img_6404

週末はしとしと、雨。

雨にくるのははじめて。紅葉、黄葉の木々が美しく映えます。

img_6433

苔に落ちた葉もきれい。

この山荘は臥龍院、知止庵、不老庵と三つの建築からなります。

img_6466jpg

最も奥にある不老庵に続く飛び石の中に、ひときわ大きい石。

安定したその石からふうっと顔をあげると、肱川に浮かぶ建物が。

縦長のプロポーションがあいらしい。

img_6462

アプローチに対して若干角度をふって建物を配置。

川沿いの崖に懸造り(がけづくり)と呼ばれる工法でたちます。

 

%e8%87%a5%e9%be%8d%e5%b1%b1%e8%8d%9804

%e8%87%a5%e9%be%8d%e5%b1%b1%e8%8d%9803

%e8%87%a5%e9%be%8d%e5%b1%b1%e8%8d%9801

茅葺屋根や塗り残し壁など、草庵としての素朴さを持ちながら

全体的に背の高い空間で、手の込んだ仕事が多く、高貴さも持ち合わせる。

 

keep smiling!

奥野 崇

 

 

 

CATEGORY : 建築をまなぶ旅 

自然の色

週末は、創造園の越智さんのつくられたお庭を見学させて頂きました。

越智さんとは、

土間サロンのある家の庭をつくって頂いたり、先の韓国の古建築視察にも同行してもらっていたりと

多くの刺激を頂いています。

見学したお庭はもちろん素晴らしく、ご紹介したいところですが、個人邸のため写真の公開は控えます。

img_6353

縁台にて。

馴染みのいい色だなあと思っていたら、なんと越智さんの奥様が染めこまれたものだとか。

柿渋や藍、ソヨゴの葉など。

柿渋紙は時に使いますが、こういった布もいい。

建築との取り合わせもよさそうで、頭においておきたいところ。

 

 

img_6373

変わって、光林寺さん。

秋空と紅葉。

鮮やかで躍動感に満ちる。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

 

 

CATEGORY : お知らせ 

いよいよ

建築の実施設計を終え

敷地の整理手続きに随分と時間がかかりましたが、いよいよの着工。

ピアノ教室のある平屋の家。

 

文字通り、住まいとピアノ教室を併設したかたちで

伝統的な長屋門の改修工事も同時に行います。

 

施工は、寺社建築もつくっておられる村上工務店さん。

それはそれは素晴らしい仕事をしておられます。

img_5866

作業場に伺いますと、軸組模型がおかれてありました。

なんとも頼もしい限り。

さあさあ、はじまります。

 

keep smiling!

奥野 崇

 

CATEGORY : お知らせ 

安心感

img_6256%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

立礼茶室のある家。

お昼休み。

磨き丸太の脇で笑顔の、藤原棟梁。

年齢は若いですが、とても丁寧にいい仕事してくださいます。

安定の安心感。

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : 現場進捗