BLOG

中国の建築もろもろ

国土の広大さからなのか、文化の側面からなのか

日本と中国の建築への考え方や捉え方は少々異なるように感じます。

最も感じた差は視点の位置かなあと。

かなり暴力的な整理ですが

部分から考えていくのが日本的で、全体から考えるのが中国的。

ただし、どちらが良いとか悪いとかよりも、

最も重要な事は

それらミクロとマクロを自由に行き来できる感覚だと思います。

 

では写真をパラパラと。

 

オリンピックのメインスタジアム「北京国家体育場」 通称 鳥の巣。

設計はバーゼルの建築家ヘルツォーグ アンド ド ムーロンと中国のアーティスト アイウェイウェイの恊働。

変換 ~ CIMG1883

 

北島康介選手が金メダル獲得して「何もいえねえ」とコメントしたのはあまりにも有名。

「北京国家水泳センター」 通称 水立方

設計はPTW、オブアラップ。

変換 ~ CIMG1884

Img214667008

 

「望京SOHO」 ※SOHOとは事務所や店舗等のテナントビルの事。

設計は、現在様々な議論を呼んでいる新国立競技場の設計者に選定されたザハハディド。

イラク出身の彼女は、今後も世界の建築界を引っ張っていく重要な人物の一人です。

変換 ~ CIMG1897

 

北京にある複合施設「三里屯SOHO」

設計は隈研吾さん。このすぐ近くでも新しい物件の建設が始まっていました。

ここのテナントはガラガラ。

変換 ~ CIMG1945

変換 ~ CIMG1950

 

おまけ。

北京から車で2時間弱の、蘇州の様子。

このまちは平山郁夫さんの作品にも多くみられ、水郷のまちとしてもあまりにも有名。

変換 ~ CIMG2098

変換 ~ CIMG2008

 

CATEGORY : 建築をまなぶ旅 

海外サイトへの掲載のお知らせ

キャプチャのコピー

世界の建築を紹介するサイトdezeen

長浜の家が掲載されました。

閲覧はコチラより。

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

フォトブックの到着から

変換 ~ IMG_8220のコピー

長浜の家のフォトブックが届きました。

 

今回、撮影頂いたのは東京を拠点にご活躍されております 相原 功氏。

故 西澤文隆さんらとの交流も深く、日本中の木造建築物を撮影されております氏。

 

ひょんな事から長浜の家を撮影して頂けることになり、

それだけでもあいがたい上に

その厳しい審美眼からみた貴重なご意見も。

嬉しいような、気が引き締まるような。

 

「これからもひとつずつ、しっかり続けていく事」

写真を見返しながら、そんな言葉を思い出しました。

変換 ~ IMG_7433

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

上海のリノベーション建築

先日の別荘計画の為の中国出張の際、上海で見つけた建築。

変換 ~ IMG_7672のコピー

「1933老場坊」という施設。

元々は食肉加工工場であったところで、

現在はカフェやオフィスなどがテナントとしてはいる複合施設です。

建築の文化財的価値が認められ、現在の形での保存にいたったそう。

 

この建物のおもしろいのは

作業場としてつくられたため動線計画、下階への採光計画がそのまま建築になっているところ。

螺旋状にのびるスロープで上下階がつながり、部分的にみられる階段は対をなして2つあります。

ロの字型の外周建物と、それに囲まれるように建つ円形の建物の隙間部分から下階へ光をおとす。

それらがつくりだす空間は、まるで遺跡のような雰囲気。

かつての人々の賑わいをふっと感じるからなのか、

ガラス越しでない光があたりをてらすからなのか。。。

変換 ~ MX-2310F_20140725_151616-1

古い建物を壊さずに、その外観を維持しつつも、

新たな用途と組み合わせる事により価値を高めるリノベーション。

私たちも見習うところは多いです。

変換 ~ IMG_7677のコピー

変換 ~ IMG_7720のコピー

変換 ~ IMG_7689のコピー

変換 ~ IMG_7759のコピー

変換 ~ IMG_7724のコピー

変換 ~ IMG_7771のコピー

変換 ~ MX-2310F_20140725_151616-2

※ここの空間のおもしろさからなのか、スペインの設計事務所もテナントのひとつに見られました。

変換 ~ IMG_7692のコピー

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : 建築をまなぶ旅 

カタログ掲載のお知らせ

変換 ~ IMG_8218

タニタハウジングウェアさんの新カタログに

長浜の家が掲載されました。

 

ガルバの軒樋でしられるメーカーさん。

使用事例として掲載頂きました。

早速送ってくださいまして、ありがとうございます。

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

某企業様、松前移転工事の開始

変換 ~ IMG_8193

変換 ~ IMG_8212のコピー

暑い暑い日が続きます。

弊社にて設計監理を行います

松山にある某企業様の本社移転工事が始まりました。

 

敷地には既存建物があるため、まずは解体工事から。

木造の小さなオフィス・作業場の新築、既存建物を利用したオフィスのリノベーションを含む

敷地面積2000坪、総述床面積900坪の計画です。

 

9月からの建築着工、年明け2月ころ竣工予定。

おってお知らせしていきます。

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : 現場進捗 

サーバー障害とブログ記事の損失

22日頃からの契約サーバーの障害により

本ホームページにアクセスできない状態が続いておりました。

また同障害に伴い、今年にはいってからのブログ記事のデータが全て損失してしまいました。

契約会社からは復旧は難しいとの返答がありました。

 

この数日間、ご迷惑をおかけしましたことお詫び申し上げます。

ブログは新たにアップしてまいりますので今後共どうぞ宜しくお願致します。

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

石の天板

工事を進めています

長浜の家 には
自然石を利用した天板が2か所あります。
それらが現場搬入されるとのことで
のぞきにいってきました。
IMG_5642.JPG
IMG_5646.JPG
ひとつはキッチンの補助作業台として
料理の配膳をしたり、パン生地をこねたり
簡単な食事ができる家具の天板として。
ベージュの大理石を使用しましたが
1200mm×1200mmの四角で厚みは40mmのもの。
その重量は約160キロにもなりました。
搬入には大人6人での作業となりました。
IMG_5650.JPG
もうひとつは洗面所のカウンターとして。
耐水性も考慮して、黒い御影石を利用しています。
現場もいよいよ大詰め。
完成が待ち遠しいです。
CATEGORY : 現場進捗 

長浜の家、現場

建築中の「長浜の家」の定例会へ。

IMG_5607.JPG
内部の塗壁下地もほぼ完了。
できあがりの姿へ少しずつ近付いてきました。
現在は中庭の植栽について
仙波農園さんにご協力頂き、打ち合わせ中。
IMG_5613.JPG
外部の壁仕上げは、そとん壁。
木肌との対比が美しい。
年末の竣工に向けて、工事は進んでいきます。
CATEGORY : 現場進捗 

箱根へ

去る11月4日に箱根へ。

京都の住宅作家、横内敏人さん設計の別荘を見学できる、
とのことで行ってきました。
IMG_4888.jpg
敷地は箱根の強羅駅から車にて少し走ったところ。
緑深い、静かな森の中にひっそりとそれは建っていました。
近くには強酸性の温泉も湧いているようで
今回のお風呂にもひきこまれていました。
矢車状に各室が展開し
規則的なプランの中に
敷地高低差を生かした立体的なレベル操作によって
楽しげな空間が展開されたいます。
すっきりと納められた大きな開口部の多用によって
文字通り、森の中に住まうといったところ。
今回の別荘の写真はネット公開はNG。
とても美しいのでお見せできないのが本当に残念。
ご興味のある方は是非お声掛け下さい。
横内さんの建築、お庭は
個人的にずっと参考にさせて頂いてました。
品のある落ち着いた木造の住宅を数多く手がけられています。
事務所にある、氏をとりあげた建築誌は今やボロボロ。
今回は横内さんにも全体から細部に渡りご説明頂き
また、霧の中、芦ノ湖のほとりで昼食をご一緒、お話しでき
とても有意義なものになりました。
来年の2月には京都のいくつかの住宅とあわせ
横内さんの事務所も見学できる便もあるよう。
早速スケジュールは開けておこうと思います。
CATEGORY : 建築をまなぶ旅