BLOG

12月2017

年の暮れに

IMG_6330

気がつけば12月も末となり、いよいよ2017年が暮れようとしています。

今日で仕事納め、29日〜4日までお休みを頂きます。

 

この一年は、私たちの事務所として、

節目となるような仕事が竣工し、まさに「つくる」一年であったなあと思えます。

その過程において、たくさんの方々の教えや支えを頂きながら、なんとかやってくることができました。

 

局面局面での判断ひとつひとつに、随分と思い悩むこともありました。

時にそれは、多くの人の手間と時間を必要とするもの。

何のためにこの判断をするのか。

 

建築は、もちろん建主さんのものではありますが、施工する方、近隣や町の方々など

多くの人々と共に、長い時間これからも在り続けます。

たとえ個人の所有物であったとしても、ある意味みんなのものでもあります。

 

いつかみた「建築は、それに関わる人間の人格にも影響しうる」という吉村順三先生の言葉に心を打たれました。

ある個人の欲望を超え、多くの人に良き影響を与え続けるにふさわしい建築のために。

雨や風・湿度に耐え、頑丈で使いやすく、道理にかなっていること。

設計に携わる者として、必要な労力を惜しむことなく、積み重ねること。

それはある種、生きるうえでの自分の哲学を総動員して臨むことかもしれません。

 

多くの仕事をこなすよりも、

考えつくされた建築のために、自分たちの目の届く範囲でひとつひとつに全力をこめよう。

今年一年ありがとうございました。

 

皆様、よいお年をお迎えくださいませ。

 

 

keep similing!

奥野 崇

 

CATEGORY : お知らせ