BLOG

11月2017

バトン

久米窪田の家。

 

構造材が見える化粧部分を多く含むため、

事前の打ち合わせを重ね、建前の日を迎えました。

20171025棟上_171027_0012

IMG_5491

天井と屋根の間を有効活用する小屋裏収納があり、

その上で構造的な安定性を得るため

厚物の構造用合板にて屋根面の剛性を高めています。

IMG_5849

屋根防水も一通り完了し、現在は開口部の枠工事が進みます。

 

開口部周りは、機能的にも性能的にも特に細やかな調整を求められる箇所。

見せつけるような納まりは必要なく、ストレスなく使いよいよう。

枠廻りの詳細図約60枚の提出を終え、現場には枠材が搬入されていました。

IMG_5842

各部品ごとに番号が割り振られており、

100を超える部材が出番を待っています。

 

何気ない日常をつくるために

自分たちの考えうる最大限のことを込め、図面をつくる。

またそれを形にするべく面倒な加工を行ってくださる。

 

多くの人の手の先に、くつろいだ建築はあるのだろう。

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : 現場進捗