BLOG

お知らせ

原寸モックアップ

img_4732

五重位牌堂の回廊では

ランダムに配置したガラススリットからのこもれびが、約800本の桧の化粧垂木に光を投げかけます。

この建物の最も重要な部分のひとつ。

 

作業手順や納まり、色味などを検討しようと、原寸モックアップをつくりながらの確認。

工務店さんの呼びかけで各工事職人さんが集まってくださいました。

 

img_5988

img_5993

img_6037

img_6116

img_6089

img_6091

 

なかなかの迫力。

大胆に細やかに、検討は続きます。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

生田勉という建築家

四国建築賞の授賞式にて

審査委員である徳島の田處先生からの一言。

「生田勉という建築家を知っていますか?」

 

土間サロンのある家、をみて、

生田勉氏のことが頭に浮かんだとのこと。作風が似ている、と。

私の勉強不足で存じ上げなかったのですが、どうしても気になり探しました。

 

 

古書にて発見。

img_6072

1972年、三一書房発行の作品集。

 

紹介文、Wikipediaより転用

生田 勉(いくた つとむ、1912年2月20日 - 1980年8月4日)は、日本の建築家、建築学者。東京大学名誉教授。

北海道小樽市生まれ。第一高等学校から、1939年東京帝国大学工学部建築学科卒。一高同期に立原道造、大学の一期上に丹下健三・浜口隆一がいる。特に立原とは深く交わった。

また、ル・コルビュジェの作品・思想に強い影響を受けた。逓信省営繕課勤務を経て、1944年一高教授。その後東大教養学部助教授となり、1961年教授、1972年定年退官。

木造の温かみを生かした住宅・山荘作品に独自の境地を開いた。

 

 

img_6071

特に1956年竣工の栗の木のある家については

切妻の大屋根や、1間半グリッドによる幅広の引き戸など、僭越ながら親近感を感じてしまいます。

60年前の仕事ながら、その古びない姿に感動。

 

木造の住まい、に情熱を注がれた偉大な先人の仕事に

勝手ながら勇気を頂いたような気がしました。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

鉄の迫力

鉄工所にて光林寺五重位牌堂の打ち合わせ。

5階建ての建物のため、純粋な木造ではなかなか難しい規模。

主な構造を鉄骨、補助部材を木材でつくるハイブリッド構成となります。

img_5982

img_5985

加工途中の部材。

普段の住宅の仕事でみる部材とは、大きさの迫力が違います。

実際、かなりの重量。

鉄という素材の持つものなのか、人を寄せ付けないような強さ、を感じます。

img_5987

先々の納まりを考慮しての加工は進みます。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

夕暮れ

丹原の家、足場を払いました。

焼杉板と杉板と左官壁の構成。

後はもみじの緑を待つところ。

 

暖かい、暮らしの灯りがはいるまでもう少し。もう少し。

img_6105

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

掲載のお知らせ

柊の家、が

韓国の建築・インテリア雑誌

[Interni & Decor KOREA 201610]に掲載されました。

木造特集において、紹介されています。

 

11cae6b1722c600c428e18

p01%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

p02%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

p03%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

p04%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

p05%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

第2回JIA四国建築賞2016

house_in_yougo_17

土間サロンのある家 (撮影 小川重雄)

第2回JIA四国建築賞2016にて、「佳作」を頂きました。

 

 

私達のような若い事務所が、ガチャガチャとやってきたことが、

2年に一度の開催で、由緒ある建築家協会主催の本賞にて

このような評価を頂けたことは、大変嬉しいことであります。

 

これからも、はったりの無い

自分なりの本当、をひとつひとつ積み上げていこうと思います。

 

img_5119

img_5078%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

img_5085

 

審査委員長

古谷 誠章 (早稲田大学教授 / 有限会社ナスカ 代表取締役)

審査委員

山本 長水 (日本建築家協会名誉会員)

田處 博昭 (日本建築学会会員)

 

設計 : 奥野崇建築設計事務所  奥野 崇

施工 : 株式会社もみじ建築 窪田 法秀

造園 : 創造園 越智 将人

CATEGORY : お知らせ 

1年を経て

IMG_3715-2

引渡しから1年を経た、衣山の家。

季節を一巡して、住みなれてきたところでの撮影です。

丁寧な暮らしぶりが伝わってきて嬉しくなります。

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

生き物のような建築

IMG_3560

豊中での打ち合わせにあわせて足をのばしました。

カトリック宝塚教会、村野藤吾氏の設計です。

 

白鯨が大地に降り立ったというイメージらしく、その姿はまるで生き物のよう。

ぬるぬるとうごめく、ある瞬間で固定された建築。

その自由な曲線がつくる様子は独特のやわらかさが伝わってきます。

IMG_3569

土地との接し方にも特徴があります。

大地との境界線は曖昧でなじませている。

IMG_3566

樋の仕舞もおもしろい。

雨すらもたのしんで見せる。

IMG_3636

MX-2310F_20160821_122025

村野藤吾デザインの置き椅子。

信者さんの座るためのもので築50年を経た現在でも現役とのこと。

線の細い、その品のある立ち姿は流石の一言。

 

keep smiling!

奥野 崇

 

 

 

CATEGORY : お知らせ 

多度津にて

IMG_3401

道がくねくねと曲がっていく、武家屋敷の名残がみられる町並み。

一気に攻め込まれないよう、防衛上の意味合いがあったそう。

 

その昔の人々の生活の様子を想像する一瞬。

暮らしや産業に密接な遺跡に惹かれるこのころ。

 

keep smiling!

奥野 崇

 

CATEGORY : お知らせ 

原風景について

IMG_3255

建築をつくる上で、

どうしても逃れられない、いいなあと思える自分の原風景のようなものがあるように思う。

 

IMG_3250

建築のカタチといった直接的なものだけでなく、

風景や場面から結びつく、遊びや地域との繋がり、生活の様子。

それらは、当たり前のように建築のカタチに影響を及ぼし、人の暮らしに関係する。

 

内部と外部が密接で、伸びやかに。

それでいて、こもるような休まる居場所をつくる。

 

IMG_3246

田んぼの中にある、丹原の家。

いつかみた風景の中にある家。

 

keep smiling!

奥野 崇

 

 

CATEGORY : お知らせ