BLOG

WORKSページ更新しました

WORKSページにアップしました。

 

暖かい終の住処

団塊世代の夫婦の、心地よさと断熱性能を両立した終の住処

umakoshi_house_25

撮影:小川 重雄

 

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

夏の小休止

IMG_2762

お盆は母方の郷、野村町の山奥にて。

整った美しい自然ではありませんが、

幼少期からの原風景の一つと言える景色。

 

「働く」と「暮らす」が一体にあったころの家の形。

人の営為と建築が溶け合うようにある。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

事始め

IMG_3387

福音寺の家

IMG_3554

ライブラリーのある家

 

あらたに、それぞれの住まいづくり。

並行して木枠詳細図の取りまとめも進みます。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : 現場進捗 

石の存在感

IMG_3519

花崗岩・大島石の産地である大島。

工事で使う石材の仕上げの打ち合わせに、大島にある石の加工場へ。

 

工事で使う石の打ち合わせはもちろん、

それ以外にも加工過程や変わった仕上法など、いろいろと見学。

ものが加工される現場。個人的にとても好きで、うろうろ。

IMG_3512

IMG_3522

石を切り出す丁場でしかでないテクスチャーだそう。

いい風合い。

 

IMG_3518

圧倒的な存在感。

石という素材が、地球の一部であったことを再認識。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

 

CATEGORY : 現場進捗 

色濃い季節

IMG_2646

工事中の位牌堂5階から。

緑の色濃い季節。

IMG_2604

空もまた然り。

暑く、濃い夏。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

 

CATEGORY : お知らせ 

写真撮影

IMG_3441

梅雨明けの夏空の下、

高気密高断熱の住宅であります「暖かい終の住処」の写真撮影を行いました。

 

建築写真家の小川重雄さんには、東京よりお越し頂き数えればもう4度目。

いつもいつも、ありがとうございます。

小川重雄さんは、素晴らしい建築であり国宝である、岡山の閑谷学校を撮り下ろした

ご自身の写真集を発表されたところ。

週明けには私達の手元にも届くようで拝見するのがたのしみです。

『国宝・閑谷学校 | Timeless Landscapes 1』

 

 

本文の掲載写真は、奥野事務所が撮影した簡単なもの。

小川さんの撮影された写真が届きましたら、改めて紹介致します。

IMG_3404

玄関部分は閉鎖的になりすぎないようにと、四角い開口部。

IMG_3437

コの字に囲まれた落ち着いた内庭形式。

IMG_3440

リビングルームは杉の化粧垂木の天井にて開放的な空間。

IMG_3429

ダイニングの窓辺には、奥様の趣味である蘭が並ぶフラワーボックスが。

IMG_3451のコピー

IMG_3458のコピー

リビングの造り付けソファと窓辺。

断熱と日射遮蔽に配慮した、ハニカムサーモスクリーンと外付ブラインド。

IMG_2568のコピー

カーブした手摺が印象的なアプローチ階段には、アオダモの木陰が落ちます。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

四国の山で

IMG_3268

涼を求めて。

夏の四国カルストへ。

IMG_3283

石灰岩がつくる独特の風景。植生。

IMG_3323

吹き抜ける風は心地よく。

IMG_3322

標高1300m。空が近い。きれい。

 

こんな特別な風景を目の当たりにして。

建築は万能ではないのかもしれないけれど、

その美しさの一片でも取り込められたら、と思うのは欲張りなのだろうか。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

 

 

CATEGORY : 建築をまなぶ旅 

掲載サイトのご紹介

スクリーンショット 2017-07-13 20.07.23

「育む家」が、

USAの建築専門ウェブマガジン、arch dairyにて紹介されています。

世界の建築を紹介するサイト。ずらずらっと眺めてみるのもたのしいです。

 

どうぞ、ご覧くださいませ。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

 

CATEGORY : お知らせ 

引き渡しを迎える

IMG_3066のコピー

かねてより工事を進めておりました

立礼茶室のある家、めでたく引き渡しとなりました。

 

思い返せば、長かった丸1年の工期、

施工の西渕工務店の皆さんをはじめ

関係者の皆さんの踏ん張りの賜物です。

簡単ですが、一部をご紹介。

IMG_3064のコピー

IMG_3060のコピー

IMG_3055のコピー

お茶室の廻りにある椅子席にて、お茶を頂くかたち。

IMG_3043

お茶室内のコンセントは目立たせないように敷居底へ彫り込んで設置。

IMG_3046のコピー

IMG_3049のコピー

玄関やトイレには手擦やベンチを設け、使いやすく。

IMG_3021

テレビ台は藤製のオリジナル。空間の重心としたくて、手編みの扉としました。

IMG_3068のコピー

 

お茶室のある住まいということで、

それはそれは細かい部分まで打ち合わせを重ねました。

 

そんな中でも、より良く、を目指して取り組んでくださった

現場監督の竹本さん、大工棟梁の藤原さん。

それぞれ、39才と32才と若いチームでしたが、本当にいい現場でありました。

ありがとうございました。

 

 

引き続いては造園工事。

茶庭と雑木の庭の取り合わせになります。

いつもの仙波農園、仙波太郎さんとの仕事。

 

8月中旬の完成を目指して

踏ん張りましょうぞ。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : 現場進捗 

現場な一日

IMG_2927

引き渡しからはや一年、柊の家。

一年の点検に伺うと、水鉢に睡蓮の花。

透き通るような美しさ。

引き込まれるよう。

 

 

続いて本日、家具の搬入二軒と、家具の打ち合わせ一軒と。

 

 

IMG_2936のコピー

最初に、「暖かい終の住処」へ。

窓辺に気持ちの良い居場所をつくる。

造り付けのソファからの景色、うまく納まりました。

IMG_2944

庭も完成。月末には竣工写真の撮影予定です。

 

 

IMG_2959のコピー

続いて、「ピアノ教室のある家」

いつもの高松・中村谷さんのご協力のもと、

一人掛けのソファを検討中。

現品での座り心地を体験してもらおうと、奥野事務所の一階駐車場が特設展示場へ。

IMG_2964

写真手前の建主さんと、ファブリックの選定も。

 

 

IMG_2977のコピー

最後に、「立礼茶室のある家」へ。

お茶室に置く椅子は、特注のオリジナルのものです。

少し低めの座面高さ、動かしやすい軽さには特にこだわりました。

IMG_2975

奥で写真を撮るのは、ご自身もお茶をされる中村谷さん。

いたって真面目な氏。

決して、怪しい人ではありませんのでご安心を。

 

 

一年を経た住まい、竣工直後の住まい、もうすぐの住まい。

それぞれの住まいに伺いながら、

建築は本当にたのしい、とおもう。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : 現場進捗 
1 / 2712345...1020...最後 »