BLOG

瀬戸内海を前にして

IMG_0966

透きとおる風景を前に、改めて胸に刻む。

偉大すぎる先輩方の残した言葉。

 

瀬戸内海建築憲章

 

瀬戸内海の環境を守り

瀬戸内海を構成する地域での

環境と人間のかかわりを理解し

媒介としての建築を大切にする。

人間を大切にすることから

建築を生み出し創り出すことを始める。

それには瀬戸内海の自然と環境を大切にし

そこから建築を生み出すことにある。

環境と建築とが遊離し

建築が独り歩きすることはない。

先人たちのつくった文明を見定めこれを理解し

将来への飛躍のための基盤とし足がかりとする。

過去及び現代において

瀬戸内海が日本人のための文化の母体であったことを知るとともに

それが世界に開けた門戸であったことを確認する。

すなわちわれわれは

この地域での文明を守り

それを打ち出していくことと併せて

広く世界へ目を開き

建築を通じて人類に貢献する。

 

1979年9月

山本忠司(香川)・浦辺鎮太郎(岡山)・松村正恒(愛媛)(司会 神代雄一郎)

「鼎談 瀬戸内を語る─瀬戸内海建築憲章を横に」

『風声 京洛便り』第9号、1980年

 

CATEGORY : 建築をまなぶ旅 

IMG_3310-2

野太い建築に差す、柔らかい光。

床に反射し上げ裏をてらす。

息を呑む、とはこういうことでしょうか。

 

keep smiling!

奥野 崇

 

CATEGORY : 建築をまなぶ旅 

奈良を巡る

平城京に花開いた天平文化。

機会が重なり、奈良に残る古建築を見て回ることに。

 

特に良かった建築、四点。

IMG_3336-2

IMG_9976

正倉院宝庫

千年を超えて今に残るその姿。圧巻の安定感。

「永遠」という言葉が頭に浮かぶ。

 

IMG_3532-2

IMG_3552-2

IMG_9983

元興寺 僧坊

かつてはお坊さんの生活の拠点だった建物。

寺院建築とは異なり、人が暮らすためのこぶりなもの。

風や光を取り入れるために、南北の立面が異なるのも興味深い。

 

IMG_3570-2

IMG_3596軽

十輪院 本堂

運良く、朝のおつとめに参加させてくださいました。

高さを抑えた本堂の由縁は、大衆信仰の対象であったお地蔵さんをそのままお祀りしているからなのだとか。

つくりは至って簡素。味わい深い。

 

IMG_3656軽

IMG_3724軽

慈光院

片桐石州によって、境内全体を茶席として整えられたところ。

ほの暗い室内からは、建築と庭との幸せな関係がみてとれました。

 

 

keep smilng!

奥野 崇

CATEGORY : 建築をまなぶ旅 

イスラエルから

昨年の寒くなりはじめた頃だったでしょうか。

 

イスラエルから届いた一通のメール。

「イスラエルに住宅をつくろうと思っている。あなた方の仕事が気に入っている。力を貸してほしい」とのこと。

過去に私たちの仕事が紹介された、イギリスの建築専門サイトを通じて知ってくれたそう。

IMG_3050

何回かのメール等のやりとりを重ね、先日skypeを利用したビデオ会議を行いました。

言語は英語とヘブライ語。

先方はクライアントとローカルアーキテクト、こちらは通訳の方を交えて

IMG_2971

現地でつくられたプランの叩き台をもとに、各部のイメージや素材選定まで打ち合わせ。

約1200㎡の敷地に、住宅と庭を整えます。

気候の違いもあり、お互いの常識の違いに驚く事もありましたが、

なごやかにミーティングは進みました。

次回までにそれぞれが準備するものを確認して、今回は終了。

 

敷地はエルサレムから西へ、車で約1時間のGederaという町。

築約80年の建物が建ち並ぶ閑静な住宅地です。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

今治小泉の家

IMG_3120

今治小泉の家。

しんと冷たい空気の中、めでたく地鎮祭の日を迎えました。

地元の神主さん、ゆっくり丁寧に祝詞奏上。

改めて言葉のひとつひとつを確かめ、気が引き締まる思い。

IMG_3124

いつもいつも、信頼を寄せてくださいました建主さんご夫婦。

阿吽の呼吸のお二方との打ち合わせは、なんだかふっくらした気持ちになりました。

子育てを終えられ、これからの暮らしを考えた平屋の終の棲家です。

 

keep smiling!

奥野 崇

 

CATEGORY : 現場進捗 

大野妹背の家

IMG_2925

広島県廿日市市にて進めております、大野妹背の家。

打ち合わせを重ねてきましたが、暖かい冬の日に無事棟上げとなりました。

化粧仕事が多い現場ですが、コチコチと。

IMG_2935

ほぼ平屋の終の住処。

レベル差の解消など、今後の事も考慮しながらも

間延びしない落ち着いた空間をつくろう。

木々にうもれるように佇む姿をおもいます。

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : 現場進捗 

氷見のパン工房

IMG_2881

西条市氷見にて、パン工房をつくっています。

天気に恵まれ、先日棟上げを終えました。

IMG_04282

通りに対して、閉じすぎず開きすぎず。

ほどよく囲まれた小庭と室内が繋がるように。

土庇の下にはちょこんと座れるベンチも設けます。

 

古くからの集落のなかにつくる建築。

黒く仕上げる予定の板壁は、周辺の文脈を引き継いだものです。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

 

CATEGORY : 現場進捗 

掲載サイトのお知らせ

apn

「城南の家(改修工事)」が

建築専門サイトである、architecture photoにて紹介されました。

 

「西条の家」が

建築専門サイトである、architecture photoにて紹介されました。

CATEGORY : お知らせ 

小屋場 只只

先日のこと。

山口県南部の大津島にある、1日1組の小さな宿「小屋場 只只」さんへ。

IMG_2785

大津島は、徳山港から生活用フェリーで30分の南北約10kmの小さな島。

太平洋戦争末期に人間魚雷回天の訓練基地があったところで、当時の軍事施設の一部は現在も残っています。

訓練にのぞんでいたのは二十歳そこそこの若者だったと、後から知りました。

IMG_0047

激動の悲しい歴史と、そんなことはまるで感じさせない穏やかな海。

そのすぐ傍に飾らない空間はありました。

IMG_0067

築10年を超えて

建築がもつ作為は時の経過とともに薄れ、

オーナーの哲学と、地に足が着いた宿守の方の空気感によって、もうひとつの家に帰ってきたような感覚。

勝手に「たくさんのしてもらえる」を期待していた自分に気付き、少し恥ずかしくもありました。

IMG_0194

オーナーが記した宿の記録帳に

「自分のためではなく、他者のために全力で生きた若者がいた。全国の人にそのことを知ってほしかった」とありました。

IMG_0082

贅を尽くした料理やサービス・建築だけが価値ではない。

伝えたい想いと空間と時間があれば、それでいい。

何にもないことは人を豊かにさせてくれます。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : 建築をまなぶ旅 

ブドウ棚のある家

着々と工事が進みます、ブドウ棚のある家。

IMG_2863

主な居室である、

リビングやキッチン、ライブラリーの外には大きなガラスの庇があります。

この下で、建主さんの趣味であるブドウを栽培するという仕掛け。

ブドウの土はコンテナへいれて自動散水装置で管理しますから、

土間へは防水・排水処理を行っており、最後にウッドデッキを施し室内とフラットに繋がります。

 

もうひとつの工夫は網戸の位置。

ガラス戸は写真左の内外境界へ、ロールアップ網戸は写真右の白い柱へ。

建具と網戸の間に空間があるということ。

つまりブドウ棚の下は、外なんだけれど虫は寄ってこない、

内と外の間のようなスペースになります。

数年、シンガポールで生活されていた建主さん。その時の経験談がヒントになっています。

 

ゆらゆら揺れるブドウ棚の下、こもれびのなか午睡の時間。

そんなひとときを思いながら設計しました。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : 現場進捗 
1 / 3712345...102030...最後 »