BLOG

青山、松涛にて

日本武道館や京都タワーの設計者として知られる

山田守の自邸が期間限定にて公開されるとあって見学に伺いました。

1894年生まれの建築家です。

IMG_0330

敷地は青山学院大学のすぐ隣。

1959年、65才のときの建築とのこと。

IMG_0323

ブーメラン型の平面にて庭を抱くように建物はあります。

今では、大きく育った緑に埋もれるよう。

IMG_0334

要所要所に曲線が使われています。

 

内部は撮影できませんでしたが、部材の線を消すモダンな和風。

それでも固い固い印象とならなかったのは、曲線の影響でしょうか。

モダンでシンプルな建築を目指しながらも

生物的なやさしい空間をつくろうとする葛藤の中にある建築のように感じました。

 

IMG_0380

続いては、松涛美術館。

白井晟一の設計。1905年生まれで、建築は1980年の竣工。

和でもない、洋でもない、独特な佇まい。

閑静な住宅地の中にひっそりとあります。

IMG_0363

一番の特徴は建物の中心にある、水盤のある光庭部分。

周辺の環境から切り離されたひとつの世界。

反響する水の音に満たされた静かな空間。ガラスの反射によって無限に続くよう。

 

各部材や取り合わせは複雑なものが多いのですが

それらが高度に調律されてひとつの世界観がつくられています。

恣意的なようで、違和感がない。

奥の深い建築。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

 

CATEGORY : 建築をまなぶ旅 

現場にておもうこと

IMG_1181

工事中の現場での、とある部材の切れ端。

デコボコとなかなかの複雑さ。

 

 

これは何か、というと。答えは敷居。

建具(戸)が走る脚元の部材です。

通常よりも手の込んだこの断面形状には、

ある工夫が込められておりますが、

改めてご紹介するとして。

 

 

この部材に丸太柱が取り合うものですから、もちろん加工は難しくなります。

「取り付けが大変ですが。。。」と笑顔で話される大工棟梁。

できる限りの図面は書きますが、最後は人の手。

情熱と誇りをもった職人さんの存在があってこそ、建築は形を成します。

 

ここは俺の現場だ、と腰を据えてやってくださる方がいる現場には

多くの人を包み込む安心感があるように思います。

ありがたい、の一言。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

 

 

CATEGORY : お知らせ 

音楽

IMG_0160

夜、事務所でひとりになると、音楽を聴きながら仕事をします。

その時に流すのは大抵同じ方のもので、その穏やかさが心地よくて。

 

haruka nakamuraさんの音楽。

夜の静けさにすうっと馴染んで、心が落ち着きます。

 

 

恥ずかしながら、人物のことを全然知らなくて調べてみると、

青森県出身の1982年生まれ。なんと年齢が私と同じ。

メディアへの露出は多くないようですが、

インタビュー記事を読んでみて、いいなあ、と。

特に後半あたり。

 

たくさんにモノがつくられる今、それに向かう姿勢。

ほどよい脱力感の中に垣間みえる、静かな決意。

 

PDIP-6567_curtain_call_cover_FA

昨年末には新しい作品を発表されているよう。

piano solo versionは好み。

 

過去のアルバムのTwilightやGraceはおすすめ。

やさしくなれたような気がします。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

 

CATEGORY : お知らせ 

春の気配

IMG_9947

玉川の山深いところで進む、五重位牌堂の現場。

あたりの木々も色づいてきたよう。

彩り鮮やかな季節に差しかかろうとしています。

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : 現場進捗 

気密測定を行う

IMG_9768

高気密高断熱の住まい、をかかげ工事を進めております、

暖かい終の住処にて気密試験を行いました。

建物に存在する隙間相当面積をはかることで、その数値はC値とも表現されます。

IMG_9758

開始前に、試験内容の説明を。

窪田棟梁も一緒に聞いて下さいました。

IMG_9761

試験開始。

負圧がかかり、張りこめた防湿シートがぐぐぐっと室内側に引っ張られてきます。

IMG_9763

結果は0.5c㎡/㎡。

 

国の定めるH25年省エネ基準にはC値の規定がなくなりましたが、

断熱と気密の両立は重要。

過去の規定では一部地域にて2.0c㎡/㎡以下とされており、今回は1.0c㎡/㎡を下回るようにと考えていた中での結果。

ひと安心かな、と。

 

IMG_9741

外部でも工事はちゃくちゃくと。

今回は外壁の一部をガルバリュウム鋼板を一文字葺きにて仕上げ。

和風建築の意匠にてみられる手法。

 

ひとつひとつ進んでまいります。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : 現場進捗 

めでたい日

暖かい陽の光に、春の訪れを感じる今日。

松山市衣山にて、めでたく建て方を迎えました。

「ピアノ教室のある家」

IMG_9650

息のあった大工さんの動きには爽快感すら感じます。

IMG_9678

作業は順調に進み、

お昼すぎには全体の様子がわかるように。

IMG_9686

神事の前には、かわいい2匹の住まい手さんも飛び入り参加。

おかげで現場の空気もやわらぎました。

IMG_9716

 

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : 現場進捗 

現場進捗

IMG_9645

立礼茶室のある家、外壁の左官工事がはじまりました。

そとん壁で仕上げます。

天井の杉源平小幅板もきれい。

IMG_9371

茶室では柱の木配りを。

実際に現場に建ててみて、木材の表情や寸法をみながら入れ替えたり、回転させたり。

IMG_9631

茶室の奥に化粧垂木が覗きます。

 

IMG_9646

ひとつひとつ積み上げてきた現場も佳境を迎えています。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : 現場進捗 

授賞式にあわせて

さきの授賞式にあわせて、東京近辺をうろうろと。

 

IMG_9535

乃木坂のギャラリー間で開催中「堀部安嗣展 建築の居場所」へ。

堀部さんの建築は

竹林寺納骨堂 / 高知 、 鎌倉山の集会場 / 神奈川 、 香川での講演会

にて見学や拝聴、お話しさせて頂きました。

IMG_9558

心に響く言葉。

「今、建築が人びとのたくさんの希望や欲望を背負っている。

それによって、もともと建築がもっていた基本的な役割と佇まいが失われてきているように感じる。

私は建築が背負う重荷を少しずつ取り除いて、本来のシンプルな姿に戻してあげたい。

堀部 安嗣 2017年」

 

建築の根源的な意味を見つめ続け、素直に実践し続ける氏。

きっと、建築に感動し、憧れ、渇望し、愛しているのだろう。

徹頭徹尾取り組む姿に、勇気を頂いた気がしました。

 

 

IMG_9583

続いて、新宿区中井にある林芙美子邸へ。

「放浪記」などで知られる昭和の小説家の自邸です。

設計は山口文象の手によるものですが、建築にあたり林芙美子本人もかなり勉強したよう。

IMG_9588

山口による繊細な数寄屋風テイストと、

林による普段使いの民家風テイストが混ざり合う、

こじんまりとした、親しみ深い建築となっています。

4

派手さはないですが、見るほどに いいなあ と思う住宅。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

 

CATEGORY : 建築をまなぶ旅 

御礼とご報告

house_in_yougo

「土間サロンのある家」(松山市余戸)が

第5回チルチンびと住宅建築賞の

45才以下若手建築家部門にて、優秀賞を頂きました。

昨年の「五つ庭の平屋の家」に続いての受賞で、喜びも一入。

 

IMG_0974

昨日の授与式では、

審査委員長の泉先生から直接の選評を頂き、

また、全国の同世代の設計者との出会い・再会もあり、

大きな刺激をもらう一日となりました。

IMG_9499

詳細は、3月11日発売予定のチルチンびと91号にて掲載されるよう。

書店で見かけましたら、手にとって見てやってください。

 

最後になりましたが、

この結果は、建主さん・窪田棟梁をはじめ、

工事関係者の皆様との信頼関係のなかで生まれたものだと思っております。

良い現場を体験させて頂き、ありがとうございました。

 

今後もひとつひとつの積み上げを大切に、

真摯に設計に取り組んでいこうと強く思います。

 

 

第5回チルチンびと住宅建築賞

主催:株式会社 風土社

審査委員長:泉 幸甫

審査委員:田中 敏博、大野 正博、藤井 章、横内 敏人、松本 直子、水澤 悟、植久 哲男

 

土間サロンのある家

設計監理:奥野崇建築設計事務所 奥野 崇

施工:株式会社 もみじ建築 乗松 宏吉、窪田 法秀

造園:有限会社 創造園 越智 将人

写真:小川 重雄

 

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

旅のスケッチと スリランカまとめ

01

スリランカでのスケッチ。

現地で描き、色付けしたもの。

 

05

06

12

14

28

27

29

30

忘れたくないその瞬間を描きとめること。

今いるこの空間を俯瞰すること。

 

バワのつくった空間を体験して思う。

まだ見ぬ特別、があったのだと。

建築のもちうる力はまだまだ奥が深く

こんなにも愉しみにあふれたものなのだ、と改めて思う。

 

許されるならば、もっともっとおおらかに泳いでみたい。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

 

CATEGORY : 建築をまなぶ旅 
1 / 2412345...1020...最後 »