BLOG

立春は過ぎながらも

立春は過ぎても、冷え込む日が続きます。

特に今年は長引いているよう。

澄んだ空気と共に現場は進みます。

 

福音寺の家

IMG_6948

月末の引き渡しに向け、詰めの作業。

造り付けのソファに張り込む、ミナペルホネンの生地も届いたようで、いよいよです。

IMG_6951

たくさんのお着物をしまう、桐の引き出しも現場入り。

建具の吊り込みを待ちます。

 

 

中野町の古民家改修

IMG_6938

年明けに着工しました、古民家改修。

既存の土壁をできる限り残す設計で、概ね解体が終わりました。

IMG_6945

家族の思い出が詰まった家を、耐震・断熱・機能を満足できるよう手を入れます。

松山市の耐震改修の補助金を受けての工事となります。

 

 

焼杉板の家(東温市川内)

IMG_6888

外部の足場が払われ、立ち姿がみえるように。

気温が下がる地域ですので、断熱性能はしっかり高めました。

こちらも月末の引き渡し。おまちかねの薪ストーブの設置はそろそろです。

IMG_6894

玄関前では分厚い氷が張っていました。

寒いはずです。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

 

 

 

CATEGORY : お知らせ 

観音寺、平口さんのところへ

IMG_6855

観音寺の平口さんと小舞掻きの打ち合わせ。

今日の日にあわせて、原寸のサンプルをつくってくださいました。

IMG_6857

お茶室の土壁厚さは約4cmの薄い壁となります。部分的にはもっと薄い。

よって、間渡しも小舞も寸法を絞ります、でも強度は確保する。

大工さんも一緒に、工夫をこめます。

 

あわせて小舞の製作過程も見学。特に竹割機には、かぶりつきました。

IMG_6865

IMG_6867

IMG_6859

 

聞くと、徳島の祖谷集落の保存改修にも携わっていらっしゃるそう。

IMG_6853

工場のクラック(ひび割れ)を川に見立てての地図!

同行のみんなで興味津々にお話を伺いました。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

 

CATEGORY : 現場進捗 

西条の家 棟上げ

IMG_6807

西条の家、本日棟上げを迎えました。

建主さんは現場監督さんも兼ねるため、大忙し。

IMG_6813

耐久性と前後の施工手順とを両立しようと、

垂木材を組み合わせた屋根端部の補強仕様もばっちり。

よりよく、と細かい調整もして下さっていたようで、良いスパイラル。

IMG_6831

作業は二日間にわたり、明日は一階の化粧垂木の工事。

材木屋さんのご協力のもと、とても綺麗な杉の赤身材が揃いました。

 

私達は、というと

外部木枠詳細図の提出と打ち合わせを終え、内部木枠詳細図取りまとめ中。

積み重ねていきます。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

 

CATEGORY : 現場進捗 

小冊子とnotes

2012年からはじめた個人事務所での活動も、はや7年目。

 

おこがましいとは知りつつも、

これまでの仕事を小冊子にまとめました。

IMG_6615-2

あわせてホームページも少し改変致しまして、

contact のページから、簡単に資料請求頂けるようになりました。

ご興味あれば、是非ご覧くださいませ。

 

また、現在ご請求を頂いておりますが

ご住所の入力がなく、また迷惑メールの設定をされているようで

こちらから連絡ができない方もいらっしゃいます。

届かないなあ、と思われましたら

お手数ですが、再度ご入力頂けますと助かります。

 

最後に、

スケッチの旅を自分なりの言葉でまとめております「notes」

前回の北欧の旅から少し時間があきましたが、、、

次回分を春頃には完成できるかな、といったところです。

 

また改めてお知らせできればと思います。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

茶室のある家 棟上げ

IMG_6521

香川県多度津町にて、「茶室のある家」が棟上げの日を迎えました。

施工は高松市の高陽建設さん。

1月であることを忘れるような暖かい日差しの下、3日間にわたる建て方、全て晴天。

IMG_6551

関係の皆さまと共に、弥栄を祈念し、穏やかに祭事を終えました。

 

一方、敷地内において別棟での新築となりますお茶室。

IMG_6535

地元の材料である庵治石を使った束石、墨出しの様子がみてとれます。

石の上に直接柱がのるため、一本一本ひかりつけての加工。

骨の折れる作業が続きます。

IMG_6501

IMG_6464-2

写真奥にみえるところへ、来月中頃の建て方を目指します。

難易度の高い仕事ですが、チームの士気も高い。

頼もしい限り。

 

keep smiling!

奥野 崇

 

 

CATEGORY : 現場進捗 

お知らせ

CATEGORY : お知らせ 

新しい一年

0003

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 

奥野事務所は、本日から仕事はじめ。

事務所前の阿沼美神社にも、

会社関係の方でしょうか、スーツ姿の方々が順番を待っておられます。

 

さあさあ、新たな一年。

本年も誠実に建築に向き合う所存でございます。

皆様、お導きくださいますよう、宜しくお願い申し上げます。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

年の暮れに

IMG_6330

気がつけば12月も末となり、いよいよ2017年が暮れようとしています。

今日で仕事納め、29日〜4日までお休みを頂きます。

 

この一年は、私たちの事務所として、

節目となるような仕事が竣工し、まさに「つくる」一年であったなあと思えます。

その過程において、たくさんの方々の教えや支えを頂きながら、なんとかやってくることができました。

 

局面局面での判断ひとつひとつに、随分と思い悩むこともありました。

時にそれは、多くの人の手間と時間を必要とするもの。

何のためにこの判断をするのか。

 

建築は、もちろん建主さんのものではありますが、施工する方、近隣や町の方々など

多くの人々と共に、長い時間これからも在り続けます。

たとえ個人の所有物であったとしても、ある意味みんなのものでもあります。

 

いつかみた「建築は、それに関わる人間の人格にも影響しうる」という吉村順三先生の言葉に心を打たれました。

ある個人の欲望を超え、多くの人に良き影響を与え続けるにふさわしい建築のために。

雨や風・湿度に耐え、頑丈で使いやすく、道理にかなっていること。

設計に携わる者として、必要な労力を惜しむことなく、積み重ねること。

それはある種、生きるうえでの自分の哲学を総動員して臨むことかもしれません。

 

多くの仕事をこなすよりも、

考えつくされた建築のために、自分たちの目の届く範囲でひとつひとつに全力をこめよう。

今年一年ありがとうございました。

 

皆様、よいお年をお迎えくださいませ。

 

 

keep similing!

奥野 崇

 

CATEGORY : お知らせ 

はじまり

IMG_6236-2

今朝の西条。朔日市にて始まる工事の地鎮祭。

写真奥にみえる石鎚山も雪化粧。

澄んだ空気に気持ちも新た。

 

今回の住まいの建主さんは、工務店関係者の方。

私達の仕事をHPでみられて、直接連絡くださったのがはじまり。

建主さん 兼 現場監督さん、となります。

 

石鎚山をのぞむ、くつろいだ住まいを目指します。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

 

CATEGORY : 現場進捗 

WORKSに2件の設計事例を追加しました

WORKSに2件の設計事例を追加しました。

kido_house_07

立礼茶室のある家(松山市東野)

korinji_45

光林寺位牌堂(今治市玉川町)

 

お茶室と寺院に関わる仕事。

是非、ご覧くださいませ。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 
1 / 3012345...102030...最後 »