多度津の茶室/2018
多度津の茶室
茶の湯を、子や孫に伝え継いでいきたい、と新たに茶室を設けた。

亭主と客のためだけの空間に身を置くと、僅かな光や音に気付き、五感が研ぎ澄まされていく。地球の変化がここに凝縮されているようにすら感じる。
かつての茶人が、この最小限空間に宇宙を見出したのも頷ける。

建物に用いられた材料は、地元の土や木や竹、石である。
いつかその役目を終えたとき、建物は地に還るのだろう。


本勝手切 四畳半

床柱:皮付赤松、床框:北山杉 太鼓落、落掛:赤杉
平天井:杉 片木板網代、竿縁:矢竹 吹寄、廻縁:香節
落天井:杉 野根板 屑張、廻縁:杉
壁:讃岐土塗壁 中塗仕上 藁伏せ込み、腰張:西の内紙、湊紙
床:茶室畳 細綿縁
石材:庵治石


撮影:小川 重雄
Tea house in Tadotsu


A new tea house built out of a desire to pass on the good old traditions of Japanese culture.

To enter into a space designed for host and guest alone has a heightening effect on the senses, making one aware of the slightest interplays of light and sound. It even feels like a representation of the world’s changes in condensed form. One can even concur: great masters of the tea ceremony of old could find the whole universe within this minimal space.

The materials used for its construction consist of locally-sourced earth, timber, bamboo and stone. Someday when it has finished serving its purpose, the structure will return to the earth.
  • 施工 : 高陽建設 株式会社 /
  • 造園 : 寿造園 /
  • 住所 : 香川県仲多度郡多度津町 /
  • 延床面積 : 28.17㎡ (8.52坪)

  • 構造 : 木造 /
089-968-2887info2@okunotakashi.jpcontact