多度津の家/2018
多度津の家
約100年を経過した元の家を取り壊して、建て替えるという仕事である。
鉤型の変形敷地を生かし、住居である母屋棟と、別棟にて茶室を設けた。

自らの死の後の家族と建物について、建主と話したのを思い出す。

建築はほほえむ より | 松山巖
「死者のいる場が家のなかにあることは、いつか自分も死に、やがて死者として生きる時間を考えることであり、自分が今・ここに生きている時間を思うことだ。」

建築の寿命は人のそれより長い。
あらたに設ける建物は、自らの生の時間よりも長くある。
今までもそうであったように、これからも繋いでいくこと。

時が流れても、
人の心の拠り所になり続ける、安心できる佇まいをつくりたい、と考えた。


撮影:小川 重雄
House in Tadotsu


Here was a project that involved razing the original house that had stood for over a century and building anew. We took advantage of the plot’s “L” shape to construct a primary building as the residence with a separate tea house annex.

A conversation comes to mind in which the owner discussed the continuation of their family and home following their own passing.

The life of a building surpasses the human lifespan.
Build a new structure and it will outlast you yourself.
And thus, links into the future are formed, just the way it has been in the past.

The hope that came to mind was to offer a building that would stand with an air that could offer a continuing source of reliance and peace of mind to those who called it home, even with the flow of years.
  • 施工 : 高陽建設 株式会社 /
  • 造園 : 寿造園 /
  • 住所 : 香川県仲多度郡多度津町 /
  • 延床面積 : 208.91㎡ (63.20坪)

  • 構造 : 在来軸組工法 2階建て /
  • 耐震 : 等級2 /
  • 断熱(Ua値): 0.70W/㎡・K /
089-968-2887info2@okunotakashi.jpcontact