今治の家/2018
今治の家
安心できる、自分の居場所。
住まいとはそういう存在でありたいと思う。

生きていれば
いい時もあれば、苦しい時もあろう。
如何なる時もここで過ごすのだから
毎日はそんなに特別でなくてよい。
当たり前のような日常を
大切な人と気分よく生きたい。

人に寄り添い、励まし、分かち合えるような
たくましくもやさしい空間へと丁寧に整えること。
この世に新たな建築をつくりだす者の責任だと思う。


撮影:藤村 泰一
House in Imabari

A space offering a sense of security, inspiring a sense of belonging.
This is what we wish for in the place we call home.

In good times and trying times alike,
home is where we return to live our lives.
While not every day there needs to be particularly out of the ordinary,
we hope to share common, pleasant days there with loved ones.

To take care in designing spaces of durability and warmth,
of nurturing security and stimulating encouragement to be shared—
this, we believe, is the architect’s responsibility in creating new homes.
  • 施工 : 株式会社 もみじ建築 /
  • 造園 : 株式会社 ランドスケープ /
  • 住所 : 愛媛県今治市 /
  • 延床面積 : 125.52㎡ (37.96坪)

  • 構造 : 在来軸組工法 平屋 /
  • 耐震 : 等級3 /
  • 断熱(Ua値): 0.40W/㎡・K /
  • その他 : 長期優良住宅、2020年竣工
089-968-2887info2@okunotakashi.jpcontact