ブドウ棚のある家/2017
ブドウ棚のある家
暮らしと趣味がひとつになった住まい。

芽吹き、開花し、結実し、落葉する。
趣味であるブドウ栽培を身近で行い、その季節の変化と共に暮らす。
木陰の気持ちの良さを享受し、葉のささやきで風に気付き、甘く凝縮した実を頬張り、葉を落とせば暖かな陽を感じる。

ブドウ棚の下はロールアップの網戸で囲まれた、半屋外空間。
風は通るが、害虫は寄せ付けない。快適に日々使うための工夫を込めました。

建物の基礎体力ともいえる断熱・気密化を図り、吹き抜け上部に設置した夏用エアコンと、床下に設置した冬用エアコンにて、室内の安定した温熱環境をつくります。

瞬く光の粒の下が、家族が集まる住まいの中心となりました。


撮影:藤村 泰一
House with grapevine trellises


A home with space for living and for pastimes together in one.

The grapevines bud and bloom, bear fruit and drop their leaves.
Enjoy the pastime of grape-growing close at hand and experience the seasonal changes the vines go through along with them.
Bask in the pleasant shade, let the murmuring of the leaves tell of the breeze, have your fill of the fruits with their condensed sweetness, and feel the warmth of the sunlight when the leaves fall.

Beneath the trellises is a half-outdoor space enclosed with a roll-up screen.
This design permits the breeze to flow through while keeping insects away, allowing you to spend your days in comfort.

To offer thermal insulation and air sealing, which can be said to be the fundamental elements defining the soundness of a structure, air conditioning installed atop the vaulted ceilings for summer months and beneath the floors for winter ensures an environment of stable indoor temperature.

Beneath the globules of gleaming light is the core space in the home for family members to gather.
  • 施工 : 株式会社 もみじ建築 /
  • 造園 : 仙波農園 仙波太郎 /
  • 住所 : 松山市西垣生町 /
  • 延床面積 : 170.99㎡ (51.72坪)

  • 構造 : 在来軸組工法 2階建て /
  • 耐震 : 等級3 /
  • 断熱(Ua値): 0.61W/㎡・K /
089-968-2887info2@okunotakashi.jpcontact