現場進捗

工事の終わりに

全ての工程を終え、最終の確認へ。

 

環境、人、建築、庭、家具。

それらを仲良く調和させるということが、

設計なんだろうと思います。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 現場進捗 | posted at 2020.3.11

一段落

宮島の対岸で進めてきた「大野妹背の家」へ。

建築検査機関の完了検査を無事終えました。

思えば、長期に渡る仕事となりました。

 

建築への造詣が深いご夫婦をはじめ、多くの工事関係者の方々。

松山に竣工建物の視察に来てくださったのも、昨日のことのよう。

たくさんの人の縁に恵まれました。

 

 

翌朝、

この地域の暮らしの音で目が覚めます。

舟のモーターの低い振動音、定期的に響く仕掛けを撒く音。

 

今日で一段落。

神の島の朝焼けを眺めながら、

その美しさに、少し淋しくもなりました。

 

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 現場進捗 | posted at 2020.2.19

来住町の家 引き渡し

建築の工事は一区切り。

棟梁の手仕事である籐巻の柱も、すっかり馴染んでいます。

内と外の境界部分である窓まわりは、

日射・光量・視線・透け具合を調整できるよう

納まりには心を砕きました。

引き続いては、選定した家具の搬入と、庭の工事となります。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 現場進捗 | posted at 2020.1.31

籐巻き柱

来住町の家では、ロクロ抜きの丸柱へ籐巻きが始まっています。

棟梁の大工さんによるもので、

最後の締めにと、文字通り腰を据えて取り組んで下さいました。

 

籐(ラタン)はこのところよく使う好きな素材で、

多くは椅子や家具などに多く用いられているもの。

 

固い印象の建築が、どこか柔らかくなるような気がして、

人と建築の距離感がぐっと近しくなります。

木に纏わることだけが大工さんの仕事ではありません。

見えないところに込められた知恵と工夫。

 

できあがりの姿を、どうぞお楽しみに。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 現場進捗 | posted at 2020.1.16

一年を経て

西条の家に再訪。

変わらぬ風景がありました。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 現場進捗 | posted at 2019.10.6

今治小泉の家 引き渡し

現場の工事も小休止。

無事、建築の引き渡しを終えました。

 

中庭に面する溜まりの空間には、造り付けのベンチソファを用意。

ほどよく調整された光の分量は、とても心地よくありました。

 

引き続いては、外まわりを整えます。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 現場進捗 | posted at 2019.9.28

大野妹背の家 進捗

広島県廿日市市の現場へ。

 

空間の抑揚がみてとれるように。

あと少し。

整えてゆこう。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 現場進捗 | posted at 2019.9.26

空気感

マンションのワンフロアを全面改修する仕事。

三連休の最終日に撮影。

 

明から暗のグラデーションを内包する、凛とした空間となりました。

さらっと乾いた、マットな空気感が、写真でも表現できればいいな。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 現場進捗 | posted at 2019.9.17

多度津の家 母屋棟/茶室棟へ

引き渡しから一年を経ました、多度津の家/母屋棟へ。

建築も樹木も、少し落ち着いてきたでしょうか。

 

11月上旬の茶室開きにあわせ、

別棟の茶室棟も含めて、一連の撮影となる予定です。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 現場進捗 | posted at 2019.9.14

来住町の家 棟上げ

安定しない天気が続いておりましたが、

合間を縫ってようやく棟上げとなりました、来住町の家。

 

化粧仕事にあわせて、断熱材を先行施工する部分もあり、

述べ四日の作業となりました。

 

平屋でつくる、終の住処。

 

耐震性能はもちろん、

この数年は、建物の性能面の向上と合理化にあわせて、

自然と共生する設計にも取り組んできました。

Ua値は0.38。

ゼロエネルギーハウス基準の0.60や、HEAT20 G2グレードの0.46 を超える断熱性能となっています。

 

安定した室内環境を整えて、

情緒ある移ろいを大切に。

ここなら安心できる、という居場所になりうること。

 

人と建物の気のおけない信頼関係こそが、住まいの本質なのだろうと思います。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 現場進捗 | posted at 2019.9.8
2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

ブログ内検索

089-968-2887info2@okunotakashi.jpcontact