別子銅山記念図書館

撮りためた写真を整理しながら、目がとまる。

 

日建設計・大谷弘明さん、30歳の時の仕事。

驚きの若さ。

構成はシンプルなんだけど、味わい深い、おおらかな建築。

 

前庭周辺の抑揚のつけ方も、豊かさのひとつ。

 

 

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 建築をまなぶ旅(日本) | posted at 2019.10.25

みて感じて

先の週末は、みんげい蚤の市へ。

西条の愛媛民藝館さんでの催し。

会場の熱気が凄くて、少々押され気味でしたが

素敵な小鹿田焼きのお皿と、竹かごに出会えました。

手摺がない、ただそれだけでこの開放感。

当たり前、ってある意味こわいな、と気付きます。

旧西条藩陣屋跡のお堀。

 

 

 

香川県立ミュージアムで開催中の建築家の自画像展へ。

昨年50万人を超える動員を生んだ、森美術館での建築の日本展をうけて

瀬戸内の建築を見直そうとの気運から企画されたのだそう。

 

「歴史的に見て、現代・今が正ではなくて、現代・今こそが特殊なのではないか」

シンポジウムでの、松隈洋さんのお話しが胸に残る。

 

展示も素晴らしいので、お近くへ行かれる際は是非。

12月15日までのようです。

建築家の自画像 探求者たちのもの語り

 

 

 

週があけて、京都へ。

古い建物を利用したブリュワリー。

若いスタッフみんなが楽しそうに働いていて、

こちらまで幸せな気分になる。

こうなんだ、という決めつけがなくピリピリしていない。

温度は伝染するのだろう。

 

 

鳩居堂さん。

一連施設の再整備中のようでしたが、かつての町とお店の写真を掲げられていた。

この場所で、これまでも、これからも繋げていくのだ、という強い意思を感じます。

 

 

虎屋菓寮さん。

建築の端々の納まりが落ち着いていて、とても気品ある空間です。

とらやさん発祥の地とのことで、新しくつくる難しさもあったと思うのだが。。。

すごい、の一言。

内藤廣さんの仕事です。

 

 

大徳寺 黄梅院さん。

門をくぐるとまずこの景色。

柔らかく揺れるもみじの葉先と、その影が心地よい。

 

先に進みながら、

めくるめく体験の豊かさに心惹かれる。

 

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 建築をまなぶ旅(日本) | posted at 2019.10.23

一年を経て

西条の家に再訪。

変わらぬ風景がありました。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 現場進捗 | posted at 2019.10.6

今治小泉の家 引き渡し

現場の工事も小休止。

無事、建築の引き渡しを終えました。

 

中庭に面する溜まりの空間には、造り付けのベンチソファを用意。

ほどよく調整された光の分量は、とても心地よくありました。

 

引き続いては、外まわりを整えます。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 現場進捗 | posted at 2019.9.28

大野妹背の家 進捗

広島県廿日市市の現場へ。

 

空間の抑揚がみてとれるように。

あと少し。

整えてゆこう。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 現場進捗 | posted at 2019.9.26

落日荘

茨城県石岡市。

最寄り駅から車で約20分の緑の中。

 

知りえて以来、訪れたかった建物、

一度お話しを伺ってみたかったご夫婦はおられます。

 

落日荘 / 設計・施工 岩崎駿介、岩崎美佐子

(2011年度 JIA環境建築賞 住宅部門最優秀賞)

 

設計と施工ともに、ご夫婦ふたりで行われており、18年経った今も工事は続いています。

いわゆるセルフビルドです。

 

建築や芸術を学ばれた後、

都市計画や国連にて世界の環境や貧困問題などに取り組んでこられた経歴のお二方。

定年を迎えられ、終の住処を構えようと落日荘の設計は始まります。

 

「この建物の形は、思想からおのずとあらわれたものです。」

 

その一点にありながら、地球全体を感じることができる装置。

論理としての躯体と、感情としての手仕事が、

ひとつに溶け合う素晴らしい建築がありました。

 

着工から18年を超え今なお、工事は続いています。

その姿は、単なる建設作業を超えて

未来への祈りのようにも思えました。

 

 

詳しい資料はこちらから

 

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 建築をまなぶ旅(日本) | posted at 2019.9.24

空気感

マンションのワンフロアを全面改修する仕事。

三連休の最終日に撮影。

 

明から暗のグラデーションを内包する、凛とした空間となりました。

さらっと乾いた、マットな空気感が、写真でも表現できればいいな。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 現場進捗 | posted at 2019.9.17

多度津の家 母屋棟/茶室棟へ

引き渡しから一年を経ました、多度津の家/母屋棟へ。

建築も樹木も、少し落ち着いてきたでしょうか。

 

11月上旬の茶室開きにあわせ、

別棟の茶室棟も含めて、一連の撮影となる予定です。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 現場進捗 | posted at 2019.9.14

来住町の家 棟上げ

安定しない天気が続いておりましたが、

合間を縫ってようやく棟上げとなりました、来住町の家。

 

化粧仕事にあわせて、断熱材を先行施工する部分もあり、

述べ四日の作業となりました。

 

平屋でつくる、終の住処。

 

耐震性能はもちろん、

この数年は、建物の性能面の向上と合理化にあわせて、

自然と共生する設計にも取り組んできました。

Ua値は0.38。

ゼロエネルギーハウス基準の0.60や、HEAT20 G2グレードの0.46 を超える断熱性能となっています。

 

安定した室内環境を整えて、

情緒ある移ろいを大切に。

ここなら安心できる、という居場所になりうること。

 

人と建物の気のおけない信頼関係こそが、住まいの本質なのだろうと思います。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 現場進捗 | posted at 2019.9.8

五台山 竹林寺 (高知県)

 

じっとり、しめりけを帯びた空気の中、山の音を聴く。

 

雨上がりの静寂。

 

 

 

keep smiling!

奥野 崇

category : 建築をまなぶ旅(日本) | posted at 2019.9.2
2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

ブログ内検索

089-968-2887info2@okunotakashi.jpcontact