丹原の家/2009
丹原の家
「石鎚山系の風景と共に暮らしたい」
そう最初に話してくださった、若い夫婦のための住まい。

山並みに向かって、L字型の木製建具の開口部を設けることによりリビングやダイニングなどと風景を結びつけるよう計画。開口部には、市販のプリーツスクリーンを設置してあるが、垂れ下がりによる視線の抜けを阻害することのないよう、取り付け方法を工夫している。

リビングの天井は緩やかにカーブしており、安心できる包まれ感をつくり出すよう意図している。また、大きなひとつながりの空間ながらも、各スペースそれぞれにまとまりをもたせ、間延びしないように配慮した。

田んぼの生き物の鳴き声を子守唄に、
山にかかる雲の様子で天気を知り、
山の色で季節の変化に気付く。

これからも変わらぬ風景と共に、その一部になりますように。


撮影:藤村 泰一
“We want to live among the landscapes that we grew up with.”
This is a home for a young couple who told us this wish in the beginning.

By creating an opening in the L-shaped wooden partition facing the mountain range, the plan was to create a sense connection between the main spaces in the house, like the living and dining rooms, with the landscape.

The ceiling of the living room is gently curved to intentionally create a feel of being safely enveloped. While the rooms are connected as a single, large space, they are each designed with its own unified interior to prevent a sense of monotony.

The sounds of animals in the rice paddies provide a lullaby,
the clouds on the mountains let them predict the weather,
and the colors of the mountains help them recognize the change of seasons.

It is our hope that the house will continue to coexist with, and become a part of, the unchanging landscape.
  • 施工 : 株式会社 もみじ建築 /
  • 造園 : 仙波農園 /
  • 住所 : 西条市丹原 /
  • 延床面積 : 124.84㎡ (37.76坪)

  • 構造 : 在来軸組工法 2階建て /
089-968-2887info2@okunotakashi.jpcontact