みかんの花クリニック 糖尿病・内分泌・代謝内科/2018
みかんの花クリニック 糖尿病・内分泌・代謝内科
クリニックという用途の場合
いかに機能的につくるかに重点をおいて建物は考えられていく。
一方で、本施設は診療科目の特性上、
患者さん多くは継続的に通院され、
医療スタッフとながく関わっていくこととなる。

通院される道中と、
実際に医療行為がはじまるまでの間にある
待合周辺を大切に捉え、
居心地がよい空間と時間をつくろう。

前面車道との距離感をほどよく設け
機能と情緒の両立を図り
自然光の中、ほっと心が落ち着く時間が流れるよう。
光量と気積、色と質感について特に慎重に調整を行った。


撮影:藤村 泰一
Diabetes clinic with wooden construction

To provide a comfortable space and time for patients
we saw the importance of the greeting space:
the entrance, reception desk and waiting room
where patients gather as they arrive and await treatment.

Set a proper distance off the roadway in front,
the layout balances considerations of function and ambience.
Particular care was taken with certain factors—
the amount of light, degree of spaciousness, color tones and textures—
to provide patients with calm tranquility amid natural light.
  • 施工 : 株式会社 トライアル /
  • 造園 : 株式会社 ランドスケープ /
  • 住所 : 愛媛県松山市藤原町 /
  • 延床面積 : 277.20㎡ (83.85坪)

  • 構造 : 在来軸組工法 2階建 /
  • 耐震 : 等級3 /
  • 断熱(Ua値): 0.44W/㎡・K /
  • その他 : 準防火地域 2021年竣工
089-968-2887info2@okunotakashi.jpcontact