謹賀新年

変換 ~ IMG_5034
謹んで初春のお慶びを申し上げます。
 
此の年も何卒よろしく御指導御愛顧賜りますようお願い申し上げますと共に
皆様の御健康と御多幸をこころよりお祈り申し上げます。
 
keep smiling!
奥野 崇

category : お知らせ | posted at 2016.1.3

2015年の終わりに

変換 ~ IMG_9293-2
事務所の向かいにある神社の風景も変わることなく、
いくつかの仕事が無事竣工を迎え、
また、よき出会いに恵まれた年となりました。
 
本年も大変お世話になり、ありがとうございました。
どうぞよい年をお迎えくださいませ。
 
keep smiling!
奥野 崇

category : お知らせ | posted at 2015.12.31

ご報告と御礼

「5つ庭の平屋の家」こと
「長浜の家」が、
風土社チルチンびと主催の
住宅建築賞45才以下建築家部門の
最優秀賞を頂きました。
 
第4回チルチンびと住宅建築賞
主催:株式会社 風土社
審査委員長:泉 幸甫
審査委員:田中敏溥、大野正博、藤井 章、横内敏人、松本直子、水澤 悟、古泉 丞、植久哲男
 

地域に根ざした木の建築を評価する今回の取り組みにおいて、
このような賞を頂き、建主さまをはじめ、工事関係者の皆様への感謝でいっぱいであります。
 
今後も自分なりの
「本当」をしっかり積み重ねていこう、と強く思います。
皆様、引き続きのご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。
 
keep smiling!
奥野 崇
category : お知らせ | posted at 2015.12.20

柊の家 屋根工事

冷え込んだ、晴れの一日。
 
柊の家では屋根工事の真っ只中。
大屋根を継手なしで、一枚の板金で葺きます。
その長さ15メートル。
住宅地の中の敷地に搬入することができないため、
現場にて成形していくことに。
工場の機械を現場に搬入。青空成形工場にて作業していきます。
変換 〜 IMG_9075
 
変換 〜 IMG_9078
 
屋根の上に運ぶのも人力ではできないため、レッカー車にて。
青空に舞う板金。
変換 〜 IMG_9086
変換 〜 IMG_9095
多くの人の手と知恵によって形になっていきます。
 
keep smiling!
奥野 崇
 
 

category : 現場進捗 | posted at 2015.12.18

京都、北山にて

変換 ~ IMG_2148
柊の家、の床柱の現物確認のため京都・北山へ。
あっさりした「行」の和室に縮緬絞りの丸太柱をあわせます。
北山杉は茶室や数奇屋の建築用材として頻繁に用いられ
その特色はとりわけ材質が緻密で木肌が滑らかで光沢があり、干割れが生じにくい等があげられます。
 
変換 ~ IMG_2150
冷暗な倉庫に永く保管される材料のその表面は、まるで人の肌。
時空を超えて静かに眠る、生き物のようにみえる。
多くの人の手によって現代に在る材料。
ありがたく、大切にせねば。
 
keep smiling!
奥野 崇
 

category : 現場進捗 | posted at 2015.12.10

暖かい差し入れ

変換 〜 IMG_6233
余戸の家の現場にて。
土間サロンの床にはる鉄平石の現物確認を行いました。
目地の大きさを、
全体の割の良さと見え方の気持ち良さとのバランス調整。
ミリ単位での検討、調整の上「これだ」を見つけることができました。
 
12月にはいり、松山も夜は冷え込んできました。
そんな中、建主さんから暖かいアップルパイとミネストローネの差し入れ。
変換 〜 IMG_6232
 
変換 〜 IMG_6241
夕暮れをすぎても作業してくださっている職人さんと一緒に、本当に美味しかった。
お気持ちも本当に嬉しかった。
変換 〜 IMG_6243
ありがとうございました。
 
keep smiling!
奥野 崇
 
 
 
 
 

category : お知らせ | posted at 2015.12.4

このところ

「住まいや暮らしの哲学を磨く」
その一環として札幌に住宅見学に伺いました。
変換 ~ IMG_1915
損得ではなく、善悪で物事を判断し、住宅をつくる。
断熱について高性能な住宅をつくりながらも、
その「実際」を、現場施工や地域性、肌感覚、地球環境への影響をひとつひとつ積みあげてこられた方。
その価値観の持ち方がストンと自分に入ってきて、ぜひみて体験してみたいとお願いした今回の視察。
 
教科書的な断熱性能の高い住宅のつくり方を前提に
北海道の気候風土への適用の仕方をお聞きしながら、
反面、四国周辺での健やかな建築をつくる注意点を再確認して、充実した旅となりました。
 
変換 ~ IMG_6156
かわって週末は今治市でのきぬぼし歯科(住居併用)の上棟へ。
普段の住まいづくりとは少し異なる建築の性質。
医院長と打ち合わせを進めながら
診療方針や地元地域に対するまなざしを、建築に込めた設計になっています。
 
来年度の開院を目指して進んでまいります。
 
keep smiling!
奥野 崇
 

category : お知らせ | posted at 2015.11.30

重要なお知らせ(ご依頼をお考えの方へ)

現在、多くの建主様から設計のご依頼を頂いております関係で、
お急ぎの場合、ご要望にお応えすることができない恐れがございます。
 
少人数で運営しておる事務所であり、
一軒一軒しっかりと仕事をしていきたい、と思っております。
 
つきましては、設計開始を少しお待ち頂くようお願いする場合がございます。
誠に勝手ではございますが、何卒ご理解いただけますよう、お願い申し上げます。
 
 
奥野崇   建築設計事務所
代表 奥野 崇

category : お知らせ | posted at 2015.11.12

おもうこと

変換 〜 IMG_5357のコピー
松山 柊の家 の木材が工場に揃ったとのことで
建主さんと、内子の西渕工務店さんへ。
 
変換 〜 IMG_5359
取次にて使用する桜の上がり框と式台。
この寸法の桜の材料は、全国的に希少のため徳島にて買い付けてきて下さいました。
その他、杉・檜の化粧材を現物確認。
とても綺麗な材料を揃えてくださり、ありがたい限りです。
 
変換 〜 IMG_5368
工場内では棟梁の中山さんが墨付け、仕口加工の最中。
ふわっと、木の香りが漂います。
 
自然素材での手仕事の家づくり、を大切にされている西渕工務店さん。
木材を目の前にしたときの
社長を始め、働かれている皆さんのいきいきとした様子が印象的で、
住まいづくりの哲学をしっかり共有されています。
 
変換 〜 IMG_5398
住まい、とは 生き方、が表現されるもの。
様々な方のお力を借りながら、
建主さんの住まい=生き方に、私なりの想いを込めてまいりたいと思います。
 
 
keep smiling!
奥野 崇
 
 

category : お知らせ | posted at 2015.10.17

ドイツ・スイス建築の旅2 バーゼル周辺

IMG_1057
ケルンからライン川と共に南へ下りて、
ドイツ、フランスの国境の街、スイス・バーゼルへ。
スイスというと寒いイメージがありましたが
バーゼルは海抜400m程なので、そんなに寒くはありません。
 
 
バーゼル付近では

  • ヴィトラミュージアム
  • バイエラー美術館

等を視察。
 
IMG_4459
ヴィトラとは家具メーカーで、この施設はその組み立て工場やミュージアムがいくつか集まったもので、建物の設計者には建築界のノーベル賞とも言われるプリツカー賞の受賞者も多数名をつらねます。
日本からは安藤忠雄さん、SANAAが参加。
他にはヘルツォーグ・ドムーロン、フランク・ゲーリー、ザハ・ハディド、アルバロシザ、レンゾピアノ、ジャン・プルーヴェと豪華絢爛。建築の見本市といったところか。
IMG_4462
特にヘルツォーグの建物は
小屋が積み重なったような建物で、あまりに有名。
屋根の建築、という今のトレンドのさきがけ。
内部空間の無秩序でシームレスな、めくるめくつながりは面白かったが、
全体としてはコマーシャル的要素の強い建築、というのが僕の感想。
 
建築の表層を重要な要素として設計する、のは分かるが
奥ゆかしさ、気分の抑揚は感じない。
本施設の他の建物をみても同様の感想で、
現代建築とは何なんだろうと考えてしまいます。
 
IMG_4471
スペインのビルバオ・グッゲンハイム美術館が知られる、フランク・ゲーリーの建築。
IMG_4375
安藤さんのセミナーハウス。
IMG_4278
IMG_4415
ヴィトラ社家具のショールームもあります。
コーディネート、まとまってます。
 
 
IMG_4508
IMG_4511
続いて、バイエラー美術館。イタリア人のレンゾピアノの設計。
柔らかな自然光を導く、を設計主題とした建築。
明るい天井と壁、の建築。
金物のディティールワークはさすがです。
※内部撮影は禁止とのこと。残念。
 
 
IMG_1094
夜はひとりバーゼルの旧市街へ。
トラムという路面電車の行き交う、旧市庁舎前。
なんだか柔らかい灯りです。
 
どこのレストランにしようかと、ゆらゆら、ゆらゆら。
IMG_1108
会社帰りのお父さんとその家族。
ウインドウ越しにチョコレートを眺める、老夫婦。
親密な空気を包み込む、街の雰囲気。
人と人の暖かいつながりと、それを包み込む街の空気感。
ああ、いいなあ。
 
IMG_1111
この街のそれらのシーンこそが、この旅の忘れられない一瞬となりました。
 
Keep smiling!
奥野 崇

category : 建築をまなぶ旅(海外) | posted at 2015.10.15
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

ブログ内検索

089-968-2887info2@okunotakashi.jpcontact