奈良を巡る

平城京に花開いた天平文化。
機会が重なり、奈良に残る古建築を見て回ることに。
 
特に良かった建築、四点。
IMG_3336-2
IMG_9976
正倉院宝庫
千年を超えて今に残るその姿。圧巻の安定感。
「永遠」という言葉が頭に浮かぶ。
 
IMG_3532-2
IMG_3552-2
IMG_9983
元興寺 僧坊
かつてはお坊さんの生活の拠点だった建物。
寺院建築とは異なり、人が暮らすためのこぶりなもの。
風や光を取り入れるために、南北の立面が異なるのも興味深い。
 
IMG_3570-2
IMG_3596軽
十輪院 本堂
運良く、朝のおつとめに参加させてくださいました。
高さを抑えた本堂の由縁は、大衆信仰の対象であったお地蔵さんをそのままお祀りしているからなのだとか。
つくりは至って簡素。味わい深い。
 
IMG_3656軽
IMG_3724軽
慈光院
片桐石州によって、境内全体を茶席として整えられたところ。
ほの暗い室内からは、建築と庭との幸せな関係がみてとれました。
 
 
keep smilng!
奥野 崇

category : 建築をまなぶ旅(日本) | posted at 2019.3.2
2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

ブログ内検索

089-968-2887info2@okunotakashi.jpcontact