• TOP
  • WORKS
  • 風景と共にある家

WORKS

風景と共にある家
丹原にて石鎚山系の風景と共に暮らす、若い夫婦のための住まい
「石鎚山系の風景と共に暮らしたい」
そう最初に話してくださった、若い夫婦のための住まい。

山並みに向かって、L字型の木製建具の開口部を設けることによりリビングやダイニングなどと風景を結びつけるよう計画。開口部には、市販のプリーツスクリーンを設置してあるが、垂れ下がりによる視線の抜けを阻害することのないよう、取り付け方法を工夫している。

リビングの天井は緩やかにカーブしており、安心できる包まれ感をつくり出すよう意図している。また、大きなひとつながりの空間ながらも、各スペースそれぞれにまとまりをもたせ、間延びしないように配慮した。

田んぼの生き物の鳴き声を子守唄に、
山にかかる雲の様子で天気を知り、
山の色で季節の変化に気付く。

これからも変わらぬ風景と共に、その一部になりますように。

2016年12月竣工
撮影:藤村 泰一
DATA 施工 : 株式会社 もみじ建築
造園 : 仙波農園
住所 : 西条市丹原
構造 : 在来軸組工法 2階建て
延床面積 : 124.84㎡ (37.76坪)