NEWS

長浜の家

この度「5つ庭の平屋の家」こと「長浜の家」が、
チルチンびと住宅建築賞、45才以下建築家部門の最優秀賞を頂きました。
 
 
第4回チルチンびと住宅建築賞
http://www.chilchinbito-hiroba.jp//info/prize/
主催:株式会社 風土社
審査委員長:泉 幸甫
審査委員:田中敏溥、大野正博、藤井 章、横内敏人、松本直子、水澤 悟、古泉 丞、植久哲男

〈審査員講評〉横内敏人
規模が大きい平屋にもかかわらず、空間がよどんだり、単調になったりせず、家中のどの場所でもほどよい明るさと、十分な風通しと、それぞれに 異なる庭の景色が楽しめるプランとなっている点は秀逸の一言につきる。
リビングを中心に細分化された四つのボリュームが四方に羽を延ばすように展開するプランは、ふだん二人で暮らす夫婦にとってはちょうどよい親密なスケール感をもたらすとともに、大家族が集う時にはそれぞれにふさわしいさまざまな居場所を提供することに成功している。
とても若い設計者の作品とは思えない、生活に対する配慮の行き届いたていねいなつくりの住まいである。
(季刊チルチンびと87 2016APR より 2016年3月11日発売)

地域に根ざした木の建築を評価する今回の取り組みにおいて、
このような賞を頂き、建主様をはじめ、工事関係者の皆様への感謝でいっぱいであります。
 
今後も自分なりの
「本当」をしっかり積み重ねていこう、と強く思います。
 
2016.03
奥野 崇