BLOG

奥野崇 建築設計事務所に設計のご依頼をお考えの方へ

「設計事務所に住まいの設計を依頼する」ことに敷居が高いという印象をお持ちの方は少なくないように感じます。
そこで、本格的な設計を行う前に、建築までの計画の進め方やスケジュール、全体の予算計画や土地選びの注意点などの事前相談を行っております。それに関しての相談料は頂いておりません。


住まいのお引き渡しまでの流れ

1.お問い合わせ

メールや電話にてお気軽にお問い合わせくださいませ。
また、問い合わせフォームからは当事務所の資料請求を簡単に行っていただけます。

2.事前相談

事前相談 住まいに対する考えやライフスタイル、敷地の状況やスケジュール、予算計画などをお伺い致します。過去の設計実績の写真や、建築の資料は事務所に多数ありますのでご参考にして頂けると思います。
※ここまでの作業の費用は頂きません。

3.ラフプランのご提示

ラフプランのご提示 お聞きした内容をもとに、敷地の現地調査、法規制の調査をします。その上でラフプランを作成し、全体予算書(建築費、土地関連費、設計監理費、登記などの諸手続費含む)、お支払い計画、完成までのスケジュール表をご提示致します。

4.設計契約

設計契約 ラフプランにて提示させていただいた内容をもとに、何度かお打ち合わせを重ね、設計依頼のご意思が固まりましたら設計契約(建築設計・監理業務委託契約)を交わします。契約に先立って、法律によって義務化されております重要事項説明を行います。

5.基本設計

基本設計 打ち合わせを重ね、ご要望を整理しながらプランを煮詰めていきます。並行して敷地測量等を進め、平面・断面計画、構造計画、設備、素材などの検討および方針決定をしていきます。建築模型や内観スケッチによりご説明していきます。

6.実施設計

実施設計 基本設計をもとに意匠・構造・設備・性能面の詳細設計を進めます。同時に構造計算・省エネ計算を行い、建物の耐震性や断熱性を確認していきます。また、建築確認申請手続きを行います。

7.見積依頼・見積査定、工事契約

工事見積・工事契約 木造に精通し、精度の高い家づくりを行う施工業者を選定し、工事見積を依頼します。見積内容の査定を行い、最適な施工業者を決定し、工事請負契約を締結します。

8.着工・工事監理

着工・工事監理 工事が設計図通りに適正に進められているか、工事監理を行います。また、工事を行うための更なる詳細図面を作成します。週に1〜2回程度の頻度で現場確認を行い、配筋検査や金物検査、中間検査を行います。

9.家具の選定、ウインドウトリートメント打ち合わせ

家具の選定 体に直接ふれ、暮らしに寄り添う家具選びはとても大切なものです。同じ金額なら、より良いものを選んでいただきたい。(木の空間には北欧家具がよくあいます)家具選定、購入手続を済ませます。あわせてカーテンやブラインドなどの生地や色合いを打ち合わせします。

10.竣工、引き渡し

竣工、引き渡し 検査機関による完了検査、当事務所による設計検査などを行い、建物の引き渡し、器具の取り扱い説明に立ち会います。

11.造園・植栽工事

造園・植栽工事 住まいに緑は欠かせません。小さい庭でも日々の暮らしに潤いを与えてくれます。造園・植栽プランの提案を造園家と協働して行い、造園工事の監理を行います。


住まい作りの期間について

設計と工事期間の目安

2階建て40坪程度の住宅で設計開始からお引き渡しまで、通常1年〜1年半程かかります。少人数でひとつひとつの住まいに向き合ってやっております。作業の混み具合によっては、設計開始までにお時間をいただくことがあることをどうぞご了承ください。お子様の入学や、住居の明け渡しなどで住宅の完成の必要がある場合は、できるだけ早くお知らせ下さい。設計と施工に必要な期間が確保できない場合は、設計をお引き受けできないことがあります。