BLOG

茶室のある家 棟上げ

IMG_6521

香川県多度津町にて、「茶室のある家」が棟上げの日を迎えました。

施工は高松市の高陽建設さん。

1月であることを忘れるような暖かい日差しの下、3日間にわたる建て方、全て晴天。

IMG_6551

関係の皆さまと共に、弥栄を祈念し、穏やかに祭事を終えました。

 

一方、敷地内において別棟での新築となりますお茶室。

IMG_6535

地元の材料である庵治石を使った束石、墨出しの様子がみてとれます。

石の上に直接柱がのるため、一本一本ひかりつけての加工。

骨の折れる作業が続きます。

IMG_6501

IMG_6464-2

写真奥にみえるところへ、来月中頃の建て方を目指します。

難易度の高い仕事ですが、チームの士気も高い。

頼もしい限り。

 

keep smiling!

奥野 崇

 

 

CATEGORY : 現場進捗 

お知らせ

CATEGORY : お知らせ 

新しい一年

0003

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 

奥野事務所は、本日から仕事はじめ。

事務所前の阿沼美神社にも、

会社関係の方でしょうか、スーツ姿の方々が順番を待っておられます。

 

さあさあ、新たな一年。

本年も誠実に建築に向き合う所存でございます。

皆様、お導きくださいますよう、宜しくお願い申し上げます。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

年の暮れに

IMG_6330

気がつけば12月も末となり、いよいよ2017年が暮れようとしています。

今日で仕事納め、29日〜4日までお休みを頂きます。

 

この一年は、私たちの事務所として、

節目となるような仕事が竣工し、まさに「つくる」一年であったなあと思えます。

その過程において、たくさんの方々の教えや支えを頂きながら、なんとかやってくることができました。

 

局面局面での判断ひとつひとつに、随分と思い悩むこともありました。

時にそれは、多くの人の手間と時間を必要とするもの。

何のためにこの判断をするのか。

 

建築は、もちろん建主さんのものではありますが、施工する方、近隣や町の方々など

多くの人々と共に、長い時間これからも在り続けます。

たとえ個人の所有物であったとしても、ある意味みんなのものでもあります。

 

いつかみた「建築は、それに関わる人間の人格にも影響しうる」という吉村順三先生の言葉に心を打たれました。

ある個人の欲望を超え、多くの人に良き影響を与え続けるにふさわしい建築のために。

雨や風・湿度に耐え、頑丈で使いやすく、道理にかなっていること。

設計に携わる者として、必要な労力を惜しむことなく、積み重ねること。

それはある種、生きるうえでの自分の哲学を総動員して臨むことかもしれません。

 

多くの仕事をこなすよりも、

考えつくされた建築のために、自分たちの目の届く範囲でひとつひとつに全力をこめよう。

今年一年ありがとうございました。

 

皆様、よいお年をお迎えくださいませ。

 

 

keep similing!

奥野 崇

 

CATEGORY : お知らせ 

はじまり

IMG_6236-2

今朝の西条。朔日市にて始まる工事の地鎮祭。

写真奥にみえる石鎚山も雪化粧。

澄んだ空気に気持ちも新た。

 

今回の住まいの建主さんは、工務店関係者の方。

私達の仕事をHPでみられて、直接連絡くださったのがはじまり。

建主さん 兼 現場監督さん、となります。

 

石鎚山をのぞむ、くつろいだ住まいを目指します。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

 

CATEGORY : 現場進捗 

WORKSに2件の設計事例を追加しました

WORKSに2件の設計事例を追加しました。

kido_house_07

立礼茶室のある家(松山市東野)

korinji_45

光林寺位牌堂(今治市玉川町)

 

お茶室と寺院に関わる仕事。

是非、ご覧くださいませ。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

新たな住まい

IMG_6110

神の島、宮島のほど近くへ。

新たな住まいの設計にて。

 

敷地に対して素直にありたいと思います。

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

小さな工夫

随分前のブログにてご紹介しました、敷居の加工について。

複雑な形でしたが、その秘密はこう。

IMG_5725

IMG_5722

IMG_5727

kido_house_09

障子をうって四畳半のお茶室として使うこともでき、

障子を取り払って椅子席でお茶をいただくこともできるよう。

その際、敷居カバーによって膝先を平滑にできます。

 

敷居に込めた、小さな工夫。

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : 現場進捗 

地球のたまご

IMG_5746

お茶室で使う石材確認のため、庵治石の石切場へ。

自然素材を使う場合、

ひとつとして同じものはないので可能な限り産地へ伺うようにしています。

そこで出会う人々や素材の新しい側面の発見も、もうひとつの狙いだったりはしますが。

IMG_5750

実際の柱の断片を持ち込んでの寸法確認。

目でみて違和感をなくすことは大切。方針は決まりました。

IMG_5754

一通りの検討・確認を終えたら辺りを見学。

山の断面があらわれる圧倒的な迫力。

思わず、息をのみます。

IMG_5760

庵治石の硬い部分は、軟らかい層に包まれるようにあるんだそう。

写真の右の石は包まれている様子がみてとれます。

まるで、地球のたまご。生き物みたい。

 

足を運んで体験することは、なによりも大きな影響を受ける。

その本質を感じる上で大切な過程です。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

 

CATEGORY : 現場進捗 

バトン

久米窪田の家。

 

構造材が見える化粧部分を多く含むため、

事前の打ち合わせを重ね、建前の日を迎えました。

20171025棟上_171027_0012

IMG_5491

天井と屋根の間を有効活用する小屋裏収納があり、

その上で構造的な安定性を得るため

厚物の構造用合板にて屋根面の剛性を高めています。

IMG_5849

屋根防水も一通り完了し、現在は開口部の枠工事が進みます。

 

開口部周りは、機能的にも性能的にも特に細やかな調整を求められる箇所。

見せつけるような納まりは必要なく、ストレスなく使いよいよう。

枠廻りの詳細図約60枚の提出を終え、現場には枠材が搬入されていました。

IMG_5842

各部品ごとに番号が割り振られており、

100を超える部材が出番を待っています。

 

何気ない日常をつくるために

自分たちの考えうる最大限のことを込め、図面をつくる。

またそれを形にするべく面倒な加工を行ってくださる。

 

多くの人の手の先に、くつろいだ建築はあるのだろう。

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : 現場進捗