BLOG

12月2015

2015年の終わりに

変換 ~ IMG_9293-2

事務所の向かいにある神社の風景も変わることなく、

いくつかの仕事が無事竣工を迎え、

また、よき出会いに恵まれた年となりました。

 

本年も大変お世話になり、ありがとうございました。

どうぞよい年をお迎えくださいませ。

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

ご報告と御礼

「5つ庭の平屋の家」こと

「長浜の家」が、

風土社チルチンびと主催の

住宅建築賞45才以下建築家部門の

最優秀賞を頂きました。

 

第4回チルチンびと住宅建築賞

主催:株式会社 風土社

審査委員長:泉 幸甫

審査委員:田中敏溥、大野正博、藤井 章、横内敏人、松本直子、水澤 悟、古泉 丞、植久哲男

 

地域に根ざした木の建築を評価する今回の取り組みにおいて、

このような賞を頂き、建主さまをはじめ、工事関係者の皆様への感謝でいっぱいであります。

 

今後も自分なりの

「本当」をしっかり積み重ねていこう、と強く思います。

皆様、引き続きのご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

柊の家 屋根工事

冷え込んだ、晴れの一日。

 

柊の家では屋根工事の真っ只中。

大屋根を継手なしで、一枚の板金で葺きます。

その長さ15メートル。

住宅地の中の敷地に搬入することができないため、

現場にて成形していくことに。

工場の機械を現場に搬入。青空成形工場にて作業していきます。

変換 〜 IMG_9075

 

変換 〜 IMG_9078

 

屋根の上に運ぶのも人力ではできないため、レッカー車にて。

青空に舞う板金。

変換 〜 IMG_9086

変換 〜 IMG_9095

多くの人の手と知恵によって形になっていきます。

 

keep smiling!

奥野 崇

 

 

CATEGORY : 現場進捗 

京都、北山にて

変換 ~ IMG_2148

柊の家、の床柱の現物確認のため京都・北山へ。

あっさりした「行」の和室に縮緬絞りの丸太柱をあわせます。

北山杉は茶室や数奇屋の建築用材として頻繁に用いられ

その特色はとりわけ材質が緻密で木肌が滑らかで光沢があり、干割れが生じにくい等があげられます。

 

変換 ~ IMG_2150

冷暗な倉庫に永く保管される材料のその表面は、まるで人の肌。

時空を超えて静かに眠る、生き物のようにみえる。

多くの人の手によって現代に在る材料。

ありがたく、大切にせねば。

 

keep smiling!

奥野 崇

 

CATEGORY : 現場進捗 

暖かい差し入れ

変換 〜 IMG_6233

余戸の家の現場にて。

土間サロンの床にはる鉄平石の現物確認を行いました。

目地の大きさを、

全体の割の良さと見え方の気持ち良さとのバランス調整。

ミリ単位での検討、調整の上「これだ」を見つけることができました。

 

12月にはいり、松山も夜は冷え込んできました。

そんな中、建主さんから暖かいアップルパイとミネストローネの差し入れ。

変換 〜 IMG_6232

 

変換 〜 IMG_6241

夕暮れをすぎても作業してくださっている職人さんと一緒に、本当に美味しかった。

お気持ちも本当に嬉しかった。

変換 〜 IMG_6243

ありがとうございました。

 

keep smiling!

奥野 崇

 

 

 

 

 

CATEGORY : お知らせ