BLOG

8月2014

「教える」を通じて

今年から日建学院にて、1級建築士の製図試験の講師をやっています。

人に「教える」ということは私にとって初めての経験。

 

今日までに4回の講義を終えましたが「教える」というのは

なかなかおもしろい事だなあと実感。

 

自分の中で何となくの感覚でやっていた私的なことを、

他人と共有できるところまで整理して、言葉にかえて伝える。

またそれを、リアルタイムに反応を見ながら

その場で順番を入れ替えたり、言葉を変えたりして臨機応変に対応していく。

 

私的な思考プロセスを客観視して、整理、言葉に翻訳して、より伝わるよう話す。

こんな感じです。実は私のほうがためになってたりして。。。

 

とにもかくにも、

10月の本試験での奥野クラスの全員の合格こそが目指す結果。

奥野クラスの皆様、絶対に頑張りましょう!

 

 

Keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

地鎮祭にて

変換 ~ IMG_8449

無事解体工事も終わりました、松前の現場。

天気もなんとかもちこたえ、恙無く地鎮祭を終えました。

 

神事としての意味合いはもちろんですが

設計期間中のこと、これからはじまる工事のことと

思いを巡らし、気を引き締めるいい機会。

 

すうっと息を吸い込み、さあこれからが本番だ、と。

 

変換 ~ IMG_8471

(仮称)松前事務所倉庫新築工事

設計監理:奥野崇建築設計事務所

工事:株式会社 東洋建設

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : 現場進捗 

取材からおもう事

 

IMG_8394-2

愛媛経済レポートの記者、田中さんが

同誌の人物取材にと事務所にきてくださいました。

 

以前、notesの取り組みを取り上げて頂いたことをきっかけに

今回は私の来歴についてのことでした。

 

取材後、話題は田中さん自身のことへ。

自転車が好き、小説が好き、な氏は

自転車メーカーを経て、現職の記者になられたとのこと。

今でも自転車を組み立てる事もあり、4台を所有しているし

小説については「オタクなんです」と。

 

好きこそものの上手なれ、とはよくいったものですが、

「努力をしてきた」なんて感覚ではなく、

きっと「没頭してきた」んだろうなあ。

普通にやってれば気にならないような細かいところまで

どんどん掘り下げて、こだわってしまう。

それをやっているとき、はなしてくれるとき人はたいていキラキラしているもの。

 

どんな業界であれ、オタクな方にお会いすると嬉しくなります。

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

アパートメントの打合せにて

変換 ~ IMG_8392

松山市内にて設計中の7戸のアパートメントの打合せの為、

双海の共栄木材さんへ。

 

変換 ~ IMG_8386

素晴らしい環境の中にある仕事場。

自社で設計施工された工場が並び

木材の変色が周辺の景色となじみます。

変換 ~ IMG_8388

木材加工の様子も見学させていただき

ネイキッドでカッコイイ建物。

 

打合せを終えた後、

「ここの絶景にお風呂をつくりたい!」との話しで盛り上がりました。

人工物のまったくない環境の中につくるお風呂ってどんながいいだろうね、と。

お風呂ときくだけでもってしまう、ある種の先入観ごと

一度考え直すところからはじめる必要がありそうです。

 

keep smiling!

奥野 崇

 

 

 

CATEGORY : お知らせ 

海外サイト掲載のお知らせ4

キャプチャのコピー

チェコ共和国のインターネット総合情報サイト Novinky.cz

長浜の家の特集記事が掲載されました。

閲覧はコチラから。

 

このところ海外の編集者からの問い合わせが多く、ありがたいこと。

現在アメリカを拠点とする出版社から、2015年発売予定の書籍の掲載相談も頂いております。

グローバル時代だからこそ、和風という日本の建築に注目して頂けるのか。。。

これからも、自分達の見つめるものを大切に「本当」をつくっていきます。

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

海外サイト掲載のお知らせ3

leibal top

NYのデザインサイトLEIBAL

長浜の家が掲載されました。

閲覧はコチラから。

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

松前の現場

変換 ~ IMG_8325

松山は台風による大きな影響もなくひと安心。

夏らしい色の空。

 

変換 ~ IMG_8337

松前の現場は予定通り、解体工事がすすみます。

リノベーションするオフィス建物もがらんどうに。

壁やら天井やらがなくなってすっきり。

あまりに開放的なので、このままでもいいなあと思ったりもしますが、きちんと改修いたします。

 

変換 ~ IMG_8361

夏の光は陰影がつよい。個人的にはもう少し柔らかい光が好きです。

 

keep smiling!

奥野 崇

 

CATEGORY : 現場進捗 

スケッチと計画と

変換 ~ IMG_8321

プランを考えるときは、平面の計画とイメージの手書きスケッチを並行して進めていくのが、私のやり方。

全てが決まってからかくのではなく、かきながら考えるといった感じ。

ここは少しさみしいなあ、ここはもう少し光が欲しいなあ、とインテリアも同時に進めます。

いろいろなやり方はあると思いますが、私はこの方法がしっくりきます。

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : お知らせ 

海外サイト掲載のお知らせ2

キャプチャ001

北京のデザインサイトgooood

長浜の家が掲載されました。

閲覧はコチラから

 

keep smiling!

奥野 崇

 

CATEGORY : お知らせ 

中国の建築もろもろ

国土の広大さからなのか、文化の側面からなのか

日本と中国の建築への考え方や捉え方は少々異なるように感じます。

最も感じた差は視点の位置かなあと。

かなり暴力的な整理ですが

部分から考えていくのが日本的で、全体から考えるのが中国的。

ただし、どちらが良いとか悪いとかよりも、

最も重要な事は

それらミクロとマクロを自由に行き来できる感覚だと思います。

 

では写真をパラパラと。

 

オリンピックのメインスタジアム「北京国家体育場」 通称 鳥の巣。

設計はバーゼルの建築家ヘルツォーグ アンド ド ムーロンと中国のアーティスト アイウェイウェイの恊働。

変換 ~ CIMG1883

 

北島康介選手が金メダル獲得して「何もいえねえ」とコメントしたのはあまりにも有名。

「北京国家水泳センター」 通称 水立方

設計はPTW、オブアラップ。

変換 ~ CIMG1884

Img214667008

 

「望京SOHO」 ※SOHOとは事務所や店舗等のテナントビルの事。

設計は、現在様々な議論を呼んでいる新国立競技場の設計者に選定されたザハハディド。

イラク出身の彼女は、今後も世界の建築界を引っ張っていく重要な人物の一人です。

変換 ~ CIMG1897

 

北京にある複合施設「三里屯SOHO」

設計は隈研吾さん。このすぐ近くでも新しい物件の建設が始まっていました。

ここのテナントはガラガラ。

変換 ~ CIMG1945

変換 ~ CIMG1950

 

おまけ。

北京から車で2時間弱の、蘇州の様子。

このまちは平山郁夫さんの作品にも多くみられ、水郷のまちとしてもあまりにも有名。

変換 ~ CIMG2098

変換 ~ CIMG2008

 

CATEGORY : 建築をまなぶ旅