• TOP
  • BLOG
  • 建築をまなぶ旅

BLOG

建築をまなぶ旅

雨あがりの竹林寺

高知、竹林寺さんへ再訪。

竹林寺納骨堂 設計:堀部安嗣

 

雨あがりの姿を見ることができました。

fullsizerender2

fullsizerender

img_5849%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

明るさと暗さ。

振れ幅の大きさが心地よい。

自然と共にある姿。

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : 建築をまなぶ旅 

吉村順三を追いもとめて

住宅におけるここちよさ、

について現代にも多くの影響を与え続けている、故吉村順三。

吉村先生が設計された別荘が、宿泊施設へと転用されているとのこと。

HAYAMA Funny House

先の鎌倉山からもほど近いようで、これはいくしかないな、と。

 

img_4112

写真右の階段を下りると海、という別荘地の中にあり、

続きでつくられた2戸の別荘とガレージを改装し

2室のホテルとレストランとしてリノベーションを行っています。

手の届きそうなほど低い軒高の控えめな姿。

img_4360

アプローチは建物の背面からで、細い路地のような雰囲気。

体にふれそうなくらいに迫る植物。

img_4297%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

外壁がくぼんだような玄関部分。

img_4116

斜めに続くホールの先には、パノラマに海が拡がるリビングルーム。

ホールとリビングには45cmのレベル差があり、

トントンと階段をおりながら段々と水平線が見えてくる、という感動的なシークエンス。

6

img_4175

緩やかなカーブを描く天井は、室内を柔らかく包み込みます。

海沿いにある、絶妙なサイズの洞窟のポッカリあいた穴から眺める、感覚。

天井高さの変化と開口高さがとてもいい。

img_4159

壁においても要所に柔らかいカーブ。

まるで、軽やかに踊るようなプラン。

動線処理と同時に、各居場所に包まれ感をつくりだします。

7

客室の実測スケッチ。

プランの振れ、がみてとれます。

 

 

img_4135

海沿いという立地もあり、築約50年ということもあり、

内外装とも、多くの改修が加えられています。

仕上げ関係は白く塗りつぶされ、多くの造り付け家具は既になくなっています。

img_4119

しかしながら、空間の輪郭や開口の設け方などは

設計時に思い描いたであろう姿として現在もあります。

それは、時代を超え、今もこの場所とともにあります。

img_4204

img_4163

img_4301

空間がつくりうる幸せな空気感や、

プランの可能性。

たくさんの残像とともに、思い出深い旅となりました。

 

 

keep smiling!

奥野 崇

 

 

 

 

CATEGORY : 建築をまなぶ旅 

鎌倉山にて

IMG_3907

堀部安嗣さんの建築を見学するため鎌倉山へ。

地域の集会所として利用されている建物です。

新建築の元編集長であられる中谷正人さんが企画された

Wood Front Seminar Unit-2に参加させて頂きました。

IMG_3910

寺院建築に強く影響をうけたと、お話しされる氏の建築は独特の落ち着きをまといます。

それは光の量なのか、天井の高さと平面のバランスのためなのか。

入れ子状の平面を好み、内陣外陣のよう、と表現されます。

1

3

厳格な定められた全体形状に、角度を振っておさめられた正方形。

角度の振れによってうまれた隙間は、動きのある空間へと変化します。

IMG_3962

また、四隅には性格の異なる居場所が用意されており

様々な営みが同時に起こることを許容する、つかずはなれずの関係。

IMG_3963

 

一見整然とした平面に、閉じ込められた豊かな体験。

堀の深い、出窓のような窓辺が人の居場所になること。

学びの多い建築見学となりました。

 

keep smiling!

奥野 崇

 

 

CATEGORY : 建築をまなぶ旅 

聴竹居から想うこと

IMG_2989

大阪・豊中での打ち合わせとあわせて

京都・山崎にある「聴竹居」の見学が叶いました。

(個人所有の建物のため内部の写真公開は控えさせていただきます。)

 

「聴竹居」(きょうちくきょ)は

藤井厚二の設計で、1928年(昭和3年)に建築され、築88年をむかえる自身の住まいです。

日本で最初に環境共生住宅を志向した建築家とされ、

山崎の広大な敷地において

気温や風のデータ収集し、実験住宅の建築を繰り返した中の第五回目のものです。

若き日の吉村順三もここを訪れ、後に影響を受けた住宅であると語ったそう。

 

5

夏の暑さに対していかにして快適に住まうか、について徹底的に考えられており

特に風の抜けへの工夫がおもしろい。

空気を土管の中へ通し涼を得るクールチューブや、

立体的な空気の動きを促す小屋裏換気の工夫

データに基づく平面計画など。

 

6

また、和と洋を融合させるべく色々な取り組みがなされている。

モンドリアン風意匠、線と円によるデザインと、日本の住宅様式の重ね合わせ

小上がりの畳による、床座と椅子生活の融合

着物でも座ることのできる椅子の設計。

8

 

決して大きくないこの建築にこめられた、細やかな工夫を積み重ねた氏の言葉。

「其の国を代表する建築は住宅建築である」

IMG_2987のコピー

それぞれの場所における気候風土、人々の暮らしに寄り添う住まい。

それらはいつしか地域の文化として成熟し、人の考え方や価値観へも影響しうるもの。

これみよがしではない

現代における、透き通った住まいをつくろう。

 

keep smiling!

奥野 崇

 

 

CATEGORY : 建築をまなぶ旅 

北欧建築の旅7 夏の家、まとめ

IMG_1514

1937年にストックホルム郊外に造られた、

アスプルンド自身の小さな夏の別荘である「夏の家」。

1940年、55才で亡くなった氏の作品としては晩年のものにあたる。

 

IMG_1646

接する道路からはしばらく歩いてアプローチするため

湖と森に囲まれた完全にプライベートな空間。

北側に森があって、南に湖がある敷地ということに

アスプルンドはこだわったんだそう。

IMG_1525

控えめな玄関。飛び石の様子は日本の影響とか。

IMG_1588

IMG_1598

IMG_1605

30-1

30-2

夏の短い地域。

陽の少ない、長く厳しい冬を過ぎた明るい夏を楽しむ家。

アスプルンドが完全に人目のない敷地にこだわったのかが分かります。

プライベートな外部を一つの部屋のように扱い

一転、内部空間は親密な空間が続きます。

IMG_1614

日中は外で日光浴や釣りなどを楽しみ

日除けのスペースとして、家族と静かな夜を過ごすスペースとして建築は考えられたのでしょう。

内外をつなげるため建物には五つもの出入り口が計画されています。

 

IMG_1621

32-1

プランの中で特筆すべきは部屋同士のつなげ方。

リビングと近接するダイニング、玄関脇のイージーチェア部分が

それぞれの家具の向きを変えながら、一同に目にはいってきます。

目線はあわないけれど、視界の中にははいる。

自分の時間を過ごしながらも共に過ごす一体感を感じる。

「とおくはなれてそばにいて」村上龍の著作でこのような題があったような。

IMG_1669

31

29-2

この旅の一番の心に残る

慎ましくも、親しみ深い小さな小屋のような建築。

 

 

2-2

4-1

18-2

22-2

フィンランド、スウェーデンの北欧の旅を通じて

空のスケッチが多いことに気付きます。

淡く、美しいグラデーションを描く夏の空。

 

-20℃にもなる厳しい冬を越え

人との繋がりや交流の恋しさを爆発させるような夏の季節。

特にアアルトの建築には他の誰かといることが思い浮かぶものが多くて

人懐っこい人間性を勝手に想像してしまいます。

 

いろいろな手法は

いきいきとした人の生活と時間のために。

建築はある願いを込めた、それでいて大きな受け皿でありたい。

風土や人に寄り添う存在でありたい。

16-2

当たり前のことを、ひたすら真摯に取り組む巨匠の姿を思い描いてしまう旅となりました。

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : 建築をまなぶ旅 

北欧建築の旅6 森の墓地

フィンランドの西の古都トゥルクを後にして、向かうはバルト海の対岸にあるスウェーデンのストックホルムへ。

宿泊型のフェリーにて、半日の移動です。

21-1

限られた面積の中で最大の客室数をとるため、ミニマムな個室。

普段の住宅の設計ではなかなかない寸法体系です。

洗面とトイレのシャワーが近接しているため、床のシャワーの水滴取り用のゴムベラが。

同一スペースを兼用する工夫ということですね。

 

 

ストックホルク入りの目的は、

エーリック・グンナール・アスプルンド(1885-1940)の建築を体験するため。

現在進めている寺院の設計の完了前に宗教観は違えど、アスプルンドの森の墓地をみてみたかった。

それ程に奥深さを感じてしまう建築だったのです。

IMG_1270

ストックホルム郊外の広大な敷地。

市の管理する墓地で、礼拝堂や火葬場などの一連の施設があります。

1918年からアスプルンドの最期まで続いた、文字通りのライフワークとなった仕事。

ちなみに、スウェーデンでは葬儀税(正式な呼び方でないです)なるものがあって

いかなる国民も等しく葬儀を行うことができるそう。

一連の施設は写真の丘の向こう側にあって、利用者は自分の足音をききながらそこに向かいます。

IMG_1273

アプローチの先に十字架がたてられ

十字架の道、と呼ばれます。

IMG_1274

24-1

全体のランドスケープは軸線を巧みに操作しながら

植栽を整然と並べてみたり、列植されてみたり

樹木の密度と光量によってシーンをつくっていることに気付きます。

 

IMG_1296

森の礼拝堂。

軒がとても低いので目線と軒の水平ラインが揃い

屋根の三角形が強調されます。

乱暴な意見ですが、個人的に堀部さんのつくった納骨堂のアプローチと重なって感じます。

入り口の門にはアスプルンドの記した衝撃的なメッセージ。

「今日は私、明日はあなた」

IMG_1341

IMG_1342

IMG_1337

IMG_1329

大礼拝堂には大切な人をなくした家族へのやさしさが随所にみられます。

最も悲しみの深い喪主の席の前には、家庭的な雰囲気により気持ちを和らげるための絨毯のような彫刻。

亡き人のことを語らえるよう皆の顔が見えるよう角度をつけたベンチ。

水面に映り込む十字。

 

22-2

26-1

25-2

26-2

美しい北欧の空を背景にみる計画の壮大さ。

樹木の密度によってシーンをつくる発想。

ここまでもか、と唸るほどの人の気持ちによりそう設計。

すさまじい水準の壮大さと繊細さの共存に、ただただ感動の連続であった。

23

 

keep smiling!

奥野 崇

 

CATEGORY : 建築をまなぶ旅 

北欧建築の旅5 復活の礼拝堂

IMG_0904

フィンランドの西の古都、トゥルクにある復活の礼拝堂。

1941年竣工、エリック・ブリュッグマン設計。

入った瞬間、神聖な空気が流れることを感じてしまう、特別な空間。

 

汎ヨーロッパ的な意味合いを持つ古典主義に対して、

民族や国家などのアイデンティティを重要視し、より地域性や固有の職人技術を主張する

ナショナルロマンティシズムの頂点にあると称される建築です。

 

片側から光が差し込む、非対称な空間の絶妙な明るさ感。

設計者自身も戦争により、友人を亡くした中での設計作業だったとのこと。

深い悲しみの上に、静かなる生きる力を

やさしくやさしく与えてくれるような柔らかさ。

IMG_0916

IMG_0940

IMG_0898

17-2

細部には丁寧な職人仕事。

つくる作業そのものが、亡き人への想いを込めるようなものだったのだろう。

 

18-1

スケッチをしながら平面の微妙な変形に気付きます。

建築に込める哲学や想いを生み出す詩的思考と

それを表現する具体的な設計技術や寸法センス。

その両輪の実現により、人の心をつかむ建築となりうる。

 

keep smiling!

奥野 崇

 

CATEGORY : 建築をまなぶ旅 

北欧建築の旅4 ヴィラマイレア

建築家の斎藤裕さんの著作である「アールト10の住宅」の中でみたヴィラマイレア。

 

藤を丁寧に巻きつけた黒塗りの丸柱、階段のまわりにまるで木立のように林立する円形の格子、

森の中に差し込む白い外壁、黄金色の光で満たされる窓辺。

手持ちの本が付箋だらけになった今でも、自分にとって大切な一冊となっています。

 

IMG_0783

フィンランドの西海岸の港町ポリ近郊ののどかな風景が続くノールマルク村。

アアルト夫妻と親交の深かった、企業家ハリーとマイレ夫妻とその家族のためのもので

大きなマツの林の隙間を縫うようにあります。

1939年竣工、アアルト41才のとき。

13-2

IMG_0790

建物はL字型の構成でリビングなどの建物本体とサウナ小屋を半屋外テラスで緩やかに繋ぐ

ゆったりとした平面。

14-1

テラス脇の暖炉。

階段と一体となっていておもしろい。

石垣の一部が暖炉で、気がつけば階段でもあった、という格好。

 

現在でも2階部分はプライベートユースで1階のみの開放。

あわせて内部の撮影はご遠慮くださいとのことですので、下手な文章とスケッチにて。

15-1

玄関を入ってからの階段越しの中庭への眺めや、ずるずると続くリビングルームの景色は感動的です。

スケッチはリビングルームの様子。

天井の高さは均一に続く大きなワンルームなのに変化に富んだシーンが各部分に展開していきます。

なんとも言えないその開放感と浮遊感はなんなんだろう。

15-2

腰壁の高さを家具と人の目線の高さを関連させながら変化させています。

絶妙の高さ加減。

 

「あ 」

本のなかでみた丸柱や丸型格子は

外部のマツ林を室内に引き込むように意図されたものと気付きます。

それは

つよく力のあるマツの林の中に、

アアルトの手によって調律された外のような内部にいる感じ。

景色としての外部ではない、内外が入り乱れた、ふわふわした不思議な感覚。

 

14-2

アルヴァ アアルトの最高傑作と言われるこの住宅。

内部と外部をつなぐという大いなる矛盾と魅力を内包する建築。

なんとか自分の建築で整理してみたい。

建築の持つ奥の見えない可能性を感じられる忘れられない体験となりました。

 

keep smiling!

奥野 崇

 

 

 

CATEGORY : 建築をまなぶ旅 

北欧建築の旅3 ユヴァスキラ

フィンランド南の港町ヘルシンキを離れ、北上。

アアルトの出身地であるユヴァスキラへ。

 

IMG_0569

まずはユヴァスキラ大学へ。

IMG_0566

スポーツ系の活動が盛んで、付属の小学校も併設しており

ちょうど子供達がグラウンドに。

10-2

10-1

アアルトはこのグラウンドを馬蹄形に囲むように各施設を配置しており、

賑わいを大切にしたのがうかがえる。

人との繋がりを大切にしたのだろうな。

 

IMG_0534

隣接する、アアルト美術館へ。

アアルトの活動の一連を展示、解説する施設。

9-2

IMG_0487

中のカフェが気持ち良い。

IMG_0495

なんと、ミュージアムショップには

アアルト建築で多様されるマッシュルーム型のタイルが販売されていました。

重いので諦めます。

 

IMG_0735

続いて音楽ホールへ。

ユヴァスキラは比較的コンパクトな街で、アアルト作品は集中しており視察向きです。

IMG_0705

IMG_0733

ホワイエの空間が爽やかで、人々が陽気に語あう様子が目に浮かびます。

 

IMG_0662

見たかった建築です。

ユヴァスキラ郊外のセイナッツァロの町役場へ。

学生時代に世界の建築を紹介する映像でみてからの憧れ。もう10年以上前の話です。

IMG_0676

現地にて聞きましたが

残念なことに今年に入ってからは一部を図書館として使う以外は

町役場として近隣住民に使われてないそう。

小さな町のため、役所機能はユヴァスキラに統合されてしまい、

今後の利活用方法については、住民によって決定されていくとの事。

広く開かれた用途になることを望みます。

IMG_0598

IMG_0615

IMG_0601

11-1

中庭まわり、議場、取手まわり。

真鍮と皮をつかった手仕事。

IMG_0640

IMG_0648

図書館として使われているスペース。

子供の読み聞かせに使った家具なのか、順番に小さくなるベンチが引き出せます。

かわいらしい。

 

11-2

階段を上がった先の中庭はなんとも落ち着くスペースで

控えめな玄関部分からの風景は住宅の匂いもしてきます。

思っていたよりも小ぶりな施設で、

のどかな町の顔見知りの人々が集う、町の集会場的な位置付だったのだろうか。

町役場という少しお堅いイメージではなく

親密で穏やかな空間で、どこか懐かしい印象が残りました。

 

keep smiling!

奥野 崇

CATEGORY : 建築をまなぶ旅 

北欧建築の旅2 アアルト大学

IMG_0389

続いて、ヘルシンキ郊外のアアルト大学(旧ヘルシンキ工科大学)へ。

見とれてしまうような情緒的な階段はここでも。

IMG_0347

手摺まわりは楽しい。

いずれの建築でもその自由さとなめらかさは目立ちます。

IMG_0364

運良く講堂も見学できました。

ひだ状の部分から光がもれる様子はとても綺麗。

IMG_0373

自然光での状態も見ることができました。(カーテンが全開でないのですが)

アアルトのデザイン的特徴のひだやうねり。

20-12

松やモミなどの針葉樹が多いフィンランドの国。

後にふと野原にたくさん落ちた松ぼっくりをスケッチしながら気付く。

あぁ、自然をヒントにデザインしたのだ。

 

IMG_0381

変わって、講堂の勾配を利用した外部空間。

IMG_0382

さながら、円形野外劇場のよう。

あっ、とおもわず声が出ました。

IMG_0316

そういえば、アトリエアアルトの中庭部分にも同じような空間がありました。

8-1

陽を大切にするフィンランド文化を下敷きに、

階段に座る学生のように、アアルト自身も仲間と集まって語らう時間を好んだのだろう。

アアルトの肌の温度が感じられたようで、なんだか嬉しくなりました。

 

keep smiling!

奥野 崇

 

CATEGORY : 建築をまなぶ旅